Sexy Zone菊池風磨、舞台挨拶で舌好調も盛り上がりすぎて時間切れ「誰のせい?…俺かな」

Sexy Zoneの菊池風磨が16日、都内で行われた映画「もっと超越した所へ。」公開記念舞台あいさつに、出演の前田敦子、伊藤万理華、オカモトレイジ(OKAMOTO'S)、黒川芽以、三浦貴大、趣里、千葉雄大、原作・脚本の根本宗子、メガホンをとった山岸聖太監督とともに登壇した。

舞台あいさつに出席した菊池風磨【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつに出席した菊池風磨【写真:ENCOUNT編集部】

映画「もっと超越した所へ。」公開記念舞台あいさつに登壇

 Sexy Zoneの菊池風磨が16日、都内で行われた映画「もっと超越した所へ。」公開記念舞台あいさつに、出演の前田敦子、伊藤万理華、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)、黒川芽以、三浦貴大、趣里、千葉雄大、原作・脚本の根本宗子、メガホンをとった山岸聖太監督とともに登壇した。

 クズ男を引き寄せてしまう4人の女性の恋愛模様と、彼女たちの意地とパワーが引き起こすミラクルを痛快に描く本作。前田は恋愛間違えがちなデザイナー・真知子を演じ、後悔したくない恋愛を求める女性のたくましさを抜群の存在感で魅せている。また、菊池は真知子の彼氏でやっかい系のヒモストリーマー・怜人を演じ、甘え上手で束縛好き、弱さをみせるクズ男を魅力たっぷりに演じている。

 ステッキのようなものを手にしてステージに登壇した前田は、何を持っているのか尋ねられると「『もっと超越した所へ。』の小説の表紙のアイテムです。宗子のSが入ってます!」と紹介し、ステッキにつけられた時計のようなものの意味を根本に尋ねると、根本は「ありえない時間の時計になっています」と説明。これに菊池が「ありえない時間時計だ。最近、流行ってますからね」とコメントすると、前田は「ん?」と目を丸くし、菊池は「今日はライブビューイングもあるので電波がアレでしたね」とボケて笑いを誘い、前田が「ここ(前田と菊池の間)で電波障害があったの? はい、ありがとうございます」と受け流すと、菊池は「すいません、失礼しました」と頭を下げた。

 その後も菊池は舌好調で、三浦があいさつしている途中で「引率の先生ではないですか?」と服装をいじり、千葉があいさつで噛むと、すかさず「ペッパーくんじゃないですよね」と横槍を入れた。さらに、趣里が本作の見どころを紹介すると、菊池は突如「そんなことより、何? えっ、髪切った?」と指摘。これに趣里は「ねえ! やばくないですか? このタイミングでみなさん」と困惑したが、菊池は「(思い切り)いってるよね。いい!」と続けた。

 さらに、菊池は「次、誰いく?」とテンション高くトークを仕切り、趣里から「大丈夫そうですか?」と心配されると、「大丈夫です。楽しいほうがいいですよね」とにっこり。これに前田が「ありがとね」としみじみと感謝すると、菊池は「そのしみじみはやめてもらっていいですか?」と逆に困惑して笑わせ、「いつも終わったあとに『みんな楽しそうだったよ』って言うのやめてもらっていいですか。なんか取り残されている感じがするので」と悲しそうな表情を浮かべた。

 そんな菊池の頑張りもありトークは盛り上がったが、もう1問、MCが予定していた別の質問をしようとしたところ、スタッフからタイムアップのお知らせが入って舞台あいさつ終了を告げられると、菊池は「うそでしょ! 誰のせい? マジで。……俺かな」と渋い表情を見せたが、「でも楽しかったっすもんね」と気を取り直した。

次のページへ (2/2) 【写真】映画「もっと超越した所へ。」公開記念舞台あいさつ集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください