清野菜名、高校時代は公園で夜な夜な“特訓”「空き缶を置いて後ろ回し蹴りを練習したり…」

女優の清野菜名が14日、都内で行われた映画「耳をすませば」公開記念舞台あいさつに、ダブル主演の松坂桃李、共演の山田裕貴、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、メガホンをとった平川雄一朗監督とともに登壇した。

舞台あいさつに登場した清野菜名【写真:ENCOUNT編集部】
舞台あいさつに登場した清野菜名【写真:ENCOUNT編集部】

映画「耳をすませば」公開記念舞台あいさつに登壇

 女優の清野菜名が14日、都内で行われた映画「耳をすませば」公開記念舞台あいさつに、ダブル主演の松坂桃李、共演の山田裕貴、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来、メガホンをとった平川雄一朗監督とともに登壇した。

 1989年に少女まんが雑誌「りぼん」で連載され、1995年にはアニメーション映画が公開された「耳をすませば」を実写映画化した本作。まんが・アニメーションでも描かれた中学生の甘酸っぱい青春時代はもちろん、完全オリジナルの10年後の物語も描かれる。

 本作の内容にちなみ、自身の青春時代の甘酸っぱい思い出を尋ねられると、10年後の月島雫を演じる清野は「甘酸っぱいというよりは青々していたんですね(笑)。体を動かすことが好きだったので、高校生の頃、毎日夜公園に行って、高いところに空き缶を置いて後ろ回し蹴りを練習したり(笑)」と2015年に公開された主演映画「東京無国籍少女」でジャパンアクションアワードのベストアクション女優賞を獲得したことがある清野ならではの一面を明かして松坂を「そのときからそういう節があったということですか?」と驚かせ、「そういう特訓が好きでした」と明かすと、山田からも「戦国時代じゃないよね」とツッコミ。続けて、松坂から「誰かを倒したかったんですか?」と追求された清野は「映画の『バイオハザード』に憧れて、あの蹴りをやりたいと思って毎日練習していました」と回顧した。

 また、青春真っただ中の住友が「(劇中のシーンと同様に)学校でも人気のないところで男女が2人が話しているところを見たりすると噂になったりしますね」と明かすと、清野は「私は中学生のときにお付き合いしていた人がいたんですけど、自分の教室の後ろのドアを開けたら、その男の子が違う女の子をバックハグしていて(笑)、それを見て“フラれた”って思ってダッシュで逃げましたね」とほろ苦エピソードを思い出し、MCから「結構な修羅場ですよね」と声が飛ぶと、清野は「めちゃくちゃショックですね」と苦笑した。

次のページへ (2/2) 【写真】映画「耳をすませば」舞台あいさつの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください