AKB48にスーパー研究生現る!? 加入5か月で選抜入り→武道館で堂々パフォーマンス

人気アイドルグループ「AKB48」が9日、東京・千代田区の日本武道館で行われた「MX祭り!AKB48 60th Single『久しぶりのリップグロス』発売記念コンサートin武道館2022」の3日目を開催した。約2時間のコンサートで、アンコールを含む全34曲を熱唱。柏木由紀は「これからもAKB48をよろしくね!」とあいさつし、詰めかけた満員のファンを喜ばせた。

佐藤綺星(左)と柏木由紀【写真:山口比佐夫】
佐藤綺星(左)と柏木由紀【写真:山口比佐夫】

9年半ぶり武道館で満員御礼に感謝

 人気アイドルグループ「AKB48」が9日、東京・千代田区の日本武道館で行われた「MX祭り!AKB48 60th Single『久しぶりのリップグロス』発売記念コンサートin武道館2022」の3日目を開催した。約2時間のコンサートで、アンコールを含む全34曲を熱唱。柏木由紀は「これからもAKB48をよろしくね!」とあいさつし、詰めかけた満員のファンを喜ばせた。

AKB48で活躍、元トップアイドルがまたがる大型バイク…内緒で取得した免許秘話(JAF Mate Onlineへ)

 グループが武道館で公演を行うのは2013年4月以来、9年半ぶり。今年2月に有明ガーデンシアターで開催予定だった「新チームお披露目コンサート」「カップリングリクエストアワーベスト30」が新型コロナウイルスの影響で中止に。今回は新チームのコンサートを7日に、リクエストアワーを8日に設定して“リベンジ”開催。この日は柏木由紀がプロデュースする「僕はずっと忘れない」公演を行った。

 ライブは柏木の「武道館、行くぞー!」というかけ声からスタート。最新シングル「久しぶりのリップグロス」から、「言い訳Maybe」などライブの鉄板曲で盛り上がった。総監督の向井地美音が「武道館3日目始まりましたー! なんと満員御礼です! 本当にありがとうございます!」と頭を下げると、メンバーも次々と感謝を口にした。

 今年5月に加入したばかりの17期研究生の佐藤綺星(あいり)は、最新シングルの選抜メンバーとして堂々としたパフォーマンスを披露。柏木から「入って5か月でもう武道館。どんな気持ち?」と聞かれると、「できないことだらけですけど、毎日課題点が見つかって、頑張ろうって気持ちになる。成長していきたいです」と笑顔を見せ、“スーパー研究生”の片りんをちらつかせた。佐藤綺はその後も本田仁美、大西桃香とのダンスナンバー「制服レジスタンス」にも参加し、先輩メンバーたちとそん色のない存在感を発揮した。

 その後は、現在のチームごとに楽曲を披露。ほかのチームの楽曲をカバーするレアなパフォーマンスに、ファンは釘付けに。17期研究生は「大声ダイヤモンド」などを歌い上げ、フレッシュな魅力をアピール。先輩メンバーたちは派生アイドルユニット「Not yet」の「週末Not yet」のカバーや、「ポニーテールとシュシュ」のアカペラver.など、多彩な楽曲を披露し、AKB48ならではの引き出しの多さで観客を盛り上げた。

 コンサート中盤は、柏木の「最近AKBらしいことしてます?」という提案によりくじ引きで選ばれた3人がそれぞれセンターに立って披露。チームKの下口ひななは、柏木が選曲した「RIVER」を力いっぱいにパフォーマンスし、「チャンスをつかみにきました!」と高らかに宣言。「ここでチャンスをつかまないと未来がないと思って、これにかけて気合をいれてやった。(RIVERは)ゆきりんさんからのメッセージだと思って。夢を諦めずに頑張りました」と満面の笑みを浮かべた。

 ライブ終盤は「#好きなんだ」「Everyday、カチューシャ」「さよならクロール」などでラストスパート。総勢約80人にせまる出演メンバーたちがステージを華やかに彩り、ファンに手を振って応援に応えた。

 ライブ本編終了後は、メンバーの「アンコール、行くぞ!」のかけ声で客席から拍手が沸き起こり、「オネストマン」からアンコールがスタート。向井地は「本当にあっという間の時間でした。そのくらい本当に楽しかったし、今のAKB48をお届けできたんじゃないかなと思います」と胸を張った。

 ここで、モニターには「緊急告知」と題された18期生オーディションの開催を告げるVTRが放映されると、会場は騒然。今年5月に加入したばかりの17期研究生の中には泣き出してしまうメンバーも。向井地は「18期をこれだけ早く募集できるのは、17期がこの5か月でこれだけ成長してくれたから。17期のおかげです。ありがとう」と17期の心境をフォロー。「自分が先輩になることは成長できる1つの要素だから」と涙を流すメンバーを励ました。

 3期生の柏木は、向井地から「15期分空くけど……」と話題を振られると「いよいよ娘の歳の子が入ってくる。手が震えてきた、どうしよう」と困惑。それでも「お待ちしています!」とグループの未来を担う逸材に呼びかけた。最後は「ギンガムチェック」で大団円。柏木は「これからもAKB48をよろしくねー!」とファンにメッセージを送り、ステージを後にした。

○2022年10月9日 AKB48「僕はずっと忘れない」セットリスト

前説:千葉恵理、大盛真歩

M1.久しぶりのリップグロス
M2.重力シンパシー
M3言い訳Maybe
M4.君のことが好きだから
M5.大騒ぎ天国
<MC>
M6.ただいま、恋愛中(向井地チームA)
M7.なんか、ちょっと、急に…(向井地チームA)
M8.彼女になれますか?(田口チームK)
M9.ダルイカンジ(田口チームK)
M10.好き 好き 好き(浅井チームB)
M11.最終ベルが鳴る(浅井チームB)
M12.ハートの脱出ゲーム(倉野尾チーム4)
M13.愛のストリッパー(倉野尾チーム4)
M14.大声ダイヤモンド(17期研究生)
M15.ここがロドスだ、ここで跳べ!(17期研究生)
M16.制服レジスタンス
M17.清純タイアド
M18.週末 Not yet
M19.へたっぴウィンク
M20.飛べないアゲハチョウ
M21.ポニーテールとシュシュ(アカペラver.)
M22.RIVER(くじ引きセンター:下口ひなな)
M23.11月のアンクレット(くじ引きセンター:高橋彩音)
M24.Choose me!(くじ引きセンター:正鋳真優/17期研究生)
<MC>
M25.憧れのポップスター
M26.チャンスの順番
M27.#好きなんだ
M28.Everyday、カチューシャ
M29.さよならクロール
M30.草原の奇跡

EN1.オネストマン
EN2.少女たちよ
EN3.転がる石になれ
<MC>
EN4.ギンガムチェック

次のページへ (2/2) 【写真】先輩メンバーたちの中で存在感を発揮 加入5か月とは思えぬパフォーマンスのスーパー研究生・佐藤綺星
1 2
あなたの“気になる”を教えてください