早稲田女子チームは敗者復活から奮闘 「愛」をテーマに“魅せ方”工夫【UNIDOL】

今年で10周年を迎えた女子大生たちによる大学対抗アイドルコピーダンスコンテスト「UNIDOL」(ユニドル)。アイドルグループやダンスパフォーマンスに魅了された女子大生がチームを編成し、日本一を目指してその出来栄えを競い合うコンテストが8月、3年ぶりに復活した。舞台は過去最大級のNHKホール。そこで「勝者も敗者もUNIDOLにかける思いは一緒」をテーマにこの夏「UNIDOL」に青春をささげたファイナル出場全チームのインタビューを紹介。今回は「UNIDOL 2022 Summer」決勝出場チーム、早稲田大学の「夏目坂46」をピックアップ。

「UNIDOL 2022 Summer」決勝戦に出場した「夏目坂46」【写真:舛元清香】
「UNIDOL 2022 Summer」決勝戦に出場した「夏目坂46」【写真:舛元清香】

「UNIDOL 2022 Summer」出場チーム「夏目坂46」(早稲田大学)

 今年で10周年を迎えた女子大生たちによる大学対抗アイドルコピーダンスコンテスト「UNIDOL」(ユニドル)。アイドルグループやダンスパフォーマンスに魅了された女子大生がチームを編成し、日本一を目指してその出来栄えを競い合うコンテストが8月、3年ぶりに復活した。舞台は過去最大級のNHKホール。そこで「勝者も敗者もUNIDOLにかける思いは一緒」をテーマにこの夏「UNIDOL」に青春をささげたファイナル出場全チームのインタビューを紹介。今回は「UNIDOL 2022 Summer」決勝出場チーム、早稲田大学の「夏目坂46」をピックアップ。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

――チームについて。

「夏目坂46」早稲田大学 メンバー9人
ゆうむ(4年生)、ゆきんこ(2年生)、りな(2年生)、しおり(2年生)、ほの(2年生)、もえ(2年生)、かえで(2年生)、なこ(1年生)、はな(4年生)

ゆきんこ「予選では5人でしたが、新メンバーや久々に大会に出場するメンバーが増えての9人での出場になりました! 1.2.4年生の幅広いチームでみんなで協力しあいました!」

――大変だったことは?

しおり「諸事情で練習を開始するのが遅くなってしまったこともあり、ステージのクオリティーを上げるのにとても苦労しました。また、他チームさんとの違いや自分たちのオリジナリティーを出すことも大変だったことの1つです」

――今回の演目で頑張ったポイントは?

りな「今回は敗者復活戦では『社会問題』、決勝戦では『愛』をテーマにセットリストを組みました。『流れ弾』では敗者復活戦と決勝戦で踊り方や表情、演出を変えて、同じ曲でも違う魅せ方をすることを頑張りました。曲間のつなぎや演出、衣装替えの仕方なども工夫しました」

セットリスト
1.僕のジレンマ(櫻坂46)
2.流れ弾(櫻坂46)
3.君のため何ができるだろう(日向坂46)
4.花は誰のもの?(STU48)

――ステージを終えた感想をお願いします。

ゆきんこ「敗者復活戦では予選で課題となった個性を出すためのつなぎにこだわったり、もちろん練習も皆が一丸となった結果、1位をいただくことができました。決勝戦ではまだまだ戦えず、決勝のレベルの高さを痛感しました。決勝というレベルの高い土俵で私たちが結果を残すための練習、演出をサークルのみんなで今後より力を入れて考えていくことが課題だと感じました」

――大会を通して学んだことは?

ほの「今大会を通し、敗者復活戦で1位通過をすることができたものの、決勝戦では何も結果を残すことができず、他チームのレベルの高さや自分たちの至らなさを痛感いたしました。審査員の方からのコメントや順位を真摯に受け止め、自分たちチームらしさをお客さんに伝わりやすく表現し、曲に込められた思いやダンス構成、フォーメーションなどの工夫、変化が必要不可欠だということを学びました」

――次に向けての課題は?

なこ「今回の大会を通して、当たり前のことではありますが練習量が本番の出来に直結することを痛感しました。メンバー全員が1回1回の練習を大事にして、自分たちが思っている以上に指先まで揃えること、表情を作ることを意識することを次回の課題としたいです」

「夏目坂46」(早稲田大学)【写真:舛元清香】
「夏目坂46」(早稲田大学)【写真:舛元清香】

ユニドルは大変さと楽しさのアンビバレントな体験

――あなたにとって「UNIDOL」とは?

もえ「青春」
しおり「限られている時間の中で自分たちだけで創り上げるステージに立つこと」
ほの「熱い戦い」
りな「全てをかけて挑める場所」
はな「夢」
ゆきんこ「全力で挑むことができる場所。好きを通してたくさんのことを学べる場所」
ゆうむ「大変さと楽しさのアンビバレントな体験」
かえで「私が唯一輝ける場所」
なこ「夢」

――将来の夢は?

もえ「地方振興に貢献すること」
しおり「安定した生活」
ほの「世界進出」
りな「幸せに暮らす」
はな「楽しい暮らし
ゆきんこ「なにかを創造するお仕事
ゆうむ「不労所得で暮らしつつ、アイドルに関わる仕事をする」
かえで「言葉や自分の表現で人を幸せにする」
なこ「人を幸せにできる仕事をすること」

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった「UNIDOL 2022 Summer」は全国5都市から49大学53チームが予選に参加し、敗者復活戦を勝ち抜いた2チームを含めた16チームが決勝戦に進出した。ファイナルの舞台となったのは過去最大規模の会場「NHKホール」。決勝戦では各チーム持ち時間8分のダンスパフォーマンスでし烈な争いを繰り広げた。そして「UNIDOL 2022ー23 Winter」の開催も決定。北海道、関西、関東、東海、九州の各ブロック予選が12月に行われ、23年2月15日に東京「Zepp Haneda」で決勝戦/敗者復活戦が開催される。

「UNIDOL 2022 Summer 決勝戦/敗者復活戦」結果
2022年8月21日(日)NHKホール

優勝
「Bombs!」(筑波大学)

準優勝
「SPH mellmuse」(上智大学)

第3位
「やっぱりまかろん。」(同志社大学)

ベストフェアプレー賞
「完全無敵シンデレラ」(A大学)

ベストポジティブ賞
「さよならモラトリアム」(慶應義塾大学)

ベストドレッサー賞
「chocolat lumiere」(K大学)

ベストアトラクティブ賞
「chocolat lumiere」(K大学)

ベストパフォーマンス賞
「Bombs!」(筑波大学)

★シークレットゲスト「アンジュルム」

次のページへ (2/2) 【写真】「UNIDOL 2022 Summer」出場チーム「夏目坂46」(早稲田大学)のパフォーマンス
1 2
あなたの“気になる”を教えてください