「レコード大賞と紅白出場」 STU48高雄さやか&立仙百佳が誓う成長と先輩との“二人三脚”

瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、7月10日に広島グリーンアリーナで行った「STU48 5周年コンサート」に密着したドキュメンタリーブック「STU48 5th Anniversary Concert Documentary Book-明日への出航-」(玄光社)を9月22日に発売した。コンサートを追体験でき、その先の未来への思いも詰まった全208ページにわたる一冊の見どころや、グループ6年目の展望について、2期生の高雄さやかと立仙百佳に聞いた。

「STU48」高雄さやか(左)と立仙百佳【写真:小田智史】
「STU48」高雄さやか(左)と立仙百佳【写真:小田智史】

正規メンバーとして初めての周年コンサートに感慨

 瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、7月10日に広島グリーンアリーナで行った「STU48 5周年コンサート」に密着したドキュメンタリーブック「STU48 5th Anniversary Concert Documentary Book-明日への出航-」(玄光社)を9月22日に発売した。コンサートを追体験でき、その先の未来への思いも詰まった全208ページにわたる一冊の見どころや、グループ6年目の展望について、2期生の高雄さやかと立仙百佳に聞いた。(取材・文=小田智史)

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

――「STU48 5th Anniversary Concert Documentary Book-明日への出航-」の見どころを教えてください。

高雄さやか(以下、高雄)「メンバー1人1人にスポットライトを当てていただいていて、もっとSTU48のことが好きになる一冊だと思います。メンバーも知らない、お互いのライブでの笑顔とか表情を見れますし、5周年コンサートの裏話にこんなことがあったんだと笑えたり、ほかのメンバーの心の内をインタビューで知ってじーんときたり。4周年の一冊からページ数が増えた(160→208ページ)のも魅力です」

立仙百佳(以下、立仙)「セットリスト順で写真がずらっと載っているのがまずポイントです」

高雄「去年からパワーアップしている部分だよね」

立仙「メンバーのライブに込める思いが表情に表れていて、会場に来てくださった方も思い出に浸れると思いますし、来れなかった方も一緒にコンサートを楽しんでいるような感覚になれるはずです。メンバー1人1人のインタビューも内容が濃くて、ファンの方には恥ずかしくてなかなか言えないようなことも入っています。今後どうしたいと思っているか、私も本音を話させていただきました。あとはアンケート投票の結果も見ていただきたいです」

高雄「(自分の)名前がなかったのはさびしかった(笑)」

立仙「『パジャマがかわいいメンバー』とか、もしかしたら入ってるかもと思ったけど、みんなにはバレてたみたい(笑)。笑いあり、エモさあり、新しい発見ありの一冊です」

――2期生のみなさんは、4周年コンサートのときはまだ研究生でした。今回は正規メンバーとして初めての周年コンサート。気持ちに違いはありましたか?

立仙「4周年コンサートは緊張と焦りがあって、先輩方に頼りっきりで(苦笑)、『みなさん、本当にすごいな』とついていくのがやっとでした。5周年コンサートは自分を出せたと思っていて、緊張以上に本当の笑顔とか、広島グリーンアリーナに立てた喜び、ファンの方々への感謝の気持ちを伝えられたので、この1年で大きく変わったなと思います」

高雄「4周年コンサートまでは先輩方と一緒のステージに立つことも限られていて、しかも広島サンプラザホールという大きな会場。右も左も分からないうえに緊張しすぎて、あまり記憶がないくらいです(笑)。5周年コンサートでは、先輩方が目標にしていた広島グリーンアリーナに立てたことがうれしかったし、やっと正規メンバーとして参加できて、円陣のときに『同じグループのメンバーになれたんだ』『同じ気持ちでステージに立てるんだ』と思って感動しました」

おちゃめな一面を持つ高雄さやかは2期生の年下メンバーを支える【写真:小田智史】
おちゃめな一面を持つ高雄さやかは2期生の年下メンバーを支える【写真:小田智史】

――お2人は普段から一緒にいることが多いですか?

立仙「遊ぶとなったらさーやん(高雄)って感じです」

高雄「そうだね(笑)」

――それぞれ、お互いのことを紹介していただければと思います。

立仙「さーやんはSHOWROOM配信を見ると静かな印象ですけど、一緒にいると大人しい感じはしないです。たまにボソっと面白いことを言ったりして(笑)」

高雄「やだ、やめて!(笑)」

立仙「ふざけたりする一面もさーやんだと思う。急に歌を歌い出したりね(笑)」

高雄「全部暴かれる(笑)」

立仙「私よりもおもしろいことを言ってる」

高雄「それはないって(笑)」

立仙「一緒にいて楽しいし、気が合うので、歳の差を忘れて同級生みたいに話しちゃう。私が落ち込んじゃったときは支えてくれるけど、実は初期の頃は全然話したことがなくて(笑)」

高雄「そう! 話しかけても、ももちゃんは素っ気なかった(笑)」

立仙「私、人見知りで、最初はほかのメンバーと仲良くする余裕がないくらい、アイドルとしての生活に免疫がなかったの。ズンと落ち込んだときに支えてくれたのがさーやんで、お仕事で一緒になることも多くて、そこで仲良くなって。夜とかずっと話を聞いてくれたり、もうさーやんがいないと私じゃないってくらい、大きな存在。私は素直じゃないから普段は言わないけど、大好き(笑)」

高雄「えーうれしい! 初めて聞いた! ももちゃんは、いい意味で二面性があるというか、立仙百佳が2人いる感じ。アイドルの立仙百佳はアイドルオーラ全開で、ファンの方を大好きで、しっかりもしてる。逆に、プライベートではもっとおちゃらけていて、言葉づかいが独特。『だちゅん』とか(笑)」

立仙「待って! 『だちゅん』は言ったことない! 『だにょ』かも(笑)。擬音語的なのはよく使うけど、『だちゅん』は絶対にない!」

高雄「ごめん、何かとごっちゃになって盛っちゃった(笑)。昔はアイドルのももちゃんしか知らなかったけど、どんどん絆が深まったね。プライベートでは引っ張ってくれるところもあるし、ももちゃんがいないと素でいられる瞬間がないから大事な存在だなって」

立仙「この1年で大きく変わったね(笑)」

――2期生は、2021年9月の正規メンバー昇格から1年がたちました。

立仙「この1年は、人生で一番大きく変わった1年でした。昔はいろんなことにネガティブで、どこか毎日を楽しめていない自分がいました。でも、この1年ですごく明るくなって、楽しんでお仕事と向き合ったり、もっと高い目標を持つようになりました。『これは無理だろうな』じゃなくて、『まずは目指してみよう』って。そうしたら、かなうことも多いなと思いました。アイドルの私しか見せていなかったところから、変わりすぎて申し訳ないくらいにファンの方にも自分の素を出せるようになって(笑)、いろんなイベントを一緒に乗り越えて信頼関係も築けてきたと感じますし、アイドルとして今は毎日がすごく楽しいです。

 昇格2年目で気を引き締めないといけないのはありますけど、リラックスしてやることが一番だと気づきました。先日、ドラフト3期生のそらは(信濃宙花)さんと研究生の子たちという、1期生さんがいないなかでフェスに参加しました。すごく緊張して、先輩方はこんなにも大きなものを背負ってくれていたんだなって。私も後輩を引っ張っていく存在にならなきゃいけないし、これからの1年でまた成長していきたいです」

高雄「昇格してからの1年間はもちろん、昇格するまでが自分の中では成長できた期間だと思っています。2期生は少しまとまりに欠けていた部分があったなかで、『2期研究生 夏の瀬戸内ツアー ~昇格への道~』があったことで、全員が一丸となって一つのものに向かって進めました。2期生の良さをファンの方にもっと知ってもらえたらうれしいですし、感謝を言葉で伝えるだけでなく、私自身が楽しんで活動している様子とか、いろんな自分を見せていきたいです」

立仙百佳はこの1年で性格が明るくなり、高い目標を持つようになった【写真:小田智史】
立仙百佳はこの1年で性格が明るくなり、高い目標を持つようになった【写真:小田智史】

1期生やドラフト3期生の夢を「一緒に追いかけたい」

――改めて、自分たちが思う2期生の良さ・武器は?

立仙「2期生は、一番いろんな個性が集まっていると思います。まとまるのが大変なときもあるけど、一緒の目標をみんなで目指して一つになったとき、すごい力になるものなんだと実感しました。最近は2期生とこれまで以上に話すようになって、それが自分の支えになっています。でも、私たち2期生もまだまだ。今までは先輩方に甘えて、考えてもらっていたようなことも自分たちで取り組んで、今後につなげていきたいです」

高雄「2期生はアニメの登場人物みたいに多種多様なんです(笑)。似ているところもあるけど、やっぱりそれぞれ違っていて、お互いにないものは補える。はっちゃけるときはみんなではっちゃけて、真面目なときは真面目で、ファンの方からしたら推しメンが決まらないんじゃないかなというくらい魅力的だと思います(笑)」

――グループ6年目に向けての意気込みをお願いします。

立仙「個人としては、選抜に入り続けられるように、もっと自分を変えていきたいと思っています。今までは諦めてしまうこともあったし、瀬戸内PR部隊のメンバーに入れずにすごく悔しい思いもしました。STU48を引っ張っていけるような存在になるために、前を向いていきたいです。グループとしては、ここまで来たからにはレコード大賞と紅白歌合戦の出場を手にしたいです。2期生でこんなことを言うのはおこがましいですけど、先輩方の夢を一緒に追いかけないとかなわないと思うので、それについていきたいです」

高雄「私はSTU48が大好きなので、レコード大賞や紅白歌合戦に出場できるようになって、もっとたくさんの方にグループの良さを知っていただきたいです。個人としては、瀬戸内PR部隊のメンバーに選んでいただいたので、AKB48グループのことを知らない方にもSTU48や瀬戸内の魅力をお届けできるように、入り口のような存在になりたいと思います」

□高雄さやか(たかお・さやか)1998年12月4日、福岡県出身。STU48 2期生。大人っぽさと可憐さを備えた清純派アイドル。物静かな雰囲気ながら、コミュニケーション能力が高く、真顔で先輩をイジることもできる強心臓の持ち主。オフの日はお菓子を食べながら撮り貯めたテレビ番組を見るのが至福のひとときだが、2期生・立仙百佳とのプチ旅行も楽しみの一つ。

□立仙百佳(りっせん・ももか)2004年11月30日、高知県出身。STU48 2期生。ダンス経験を生かしたキレのあるパフォーマンスと弾けんばかりの笑顔で新たな風を吹かす元気印。趣味に「魚を捌く動画を見る」ことを挙げてきたが、自宅で実際にチャレンジしてみて「意外に楽しかった」と開眼。「魚とか捌いて料理もしてみたい」と料理習得に意欲を燃やす。

この記事に戻るトップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください