安東弘樹、愛車ロータス・エリーゼで時速200キロ超 濡れた路面でド迫力走行「結構怖い」

フリーアナウンサーの安東弘樹が愛車「ロータス・エリーゼ」で富士スピードウェイでの走行会に参加したことを報告した。22日までに走行会の様子を自身のYouTubeチャンネルで動画を公開している。

安東弘樹【写真:ENCOUNT編集部】
安東弘樹【写真:ENCOUNT編集部】

「減速Gは危ないので気を付けました」

 フリーアナウンサーの安東弘樹が愛車「ロータス・エリーゼ」で富士スピードウェイでの走行会に参加したことを報告した。22日までに走行会の様子を自身のYouTubeチャンネルで動画を公開している。

外車SUVに夢中になった理由とは? “花の82年組”アイドルの華麗なる愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

「安東弘樹、ロータス・エリーゼで富士スピードウェイを疾走!?」と題した動画を公開。アップガレージ主催の走行会に参加した安東は緊張しつつも、ヘルメットをかぶり早速レーシングコースに愛車で繰り出した。マネジャーを助手席に乗せて、車内で運転する姿や景色を撮影。

 雨模様の天候とあって安東は「路面がぬれてますから、結構怖いですね…」「滑る」と話す場面も。時速200キロを超えるほどのスピードを上げて疾走した。

 その後は、コース外から安東が運転するエリーゼの走りや、アップガレージ会長の“私物”ホンダNSXがおよそ250キロのスピードで駆け抜けていく場面も。コースを何周か走り終えた安東は車から降りると「楽しいですね~。でも勘が戻るまで時間がかかりますね」と感想を口にした。

 その後も再び愛車とともにコースに出た安東は、シフトレバーやクラッチ操作の様子を映しながら2時間ほどの走行会を存分に楽しんだようだ。

 動画の概要欄では「サーキットのコースに出るのも初めて、というマネージャー氏が慣れないバケットシートに座り、身をよじって両手でカメラを回してくれたので、安全の為、加減速Gや横Gを、あまり掛けない様に走っております。特に減速Gは危ないので気を付けました」とコメントし、動画撮影の裏側を説明した。

次のページへ (2/2) 【動画】安東弘樹が愛車ロータス・エリーゼで疾走した走行会の様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください