AKB48、新世代スポーツ対抗戦に「監督コーチ制」導入へ シーズン2に向け田口愛佳「圧倒的勝利を」

 人気アイドルグループ「AKB48」が参加する、AR(拡張現実)を駆使した新世代スポーツ「HADO」のチーム対抗リーグ戦「AKB48天下一HADO会」が、チームKの総合優勝で白熱したシーズン1を終えた。9月13日に東京・HADO ARENA お台場店で行われた最終第6戦の終了後に、10月11日から始まる「シーズン2」の開催が決まり、メンバーたちはさらなる気合を入れている。チームKのキャプテンを務める田口愛佳、山内瑞葵、上見天乃の3人による特別インタビューで意気込みを聞いた。

「AKB48」チームKの(左から)山内瑞葵、田口愛佳、上見天乃【写真:ENCOUNT編集部】
「AKB48」チームKの(左から)山内瑞葵、田口愛佳、上見天乃【写真:ENCOUNT編集部】

3か月にわたる激戦に決着「天下一HADO会」はシーズン2がまもなくスタート

 人気アイドルグループ「AKB48」が参加する、AR(拡張現実)を駆使した新世代スポーツ「HADO」のチーム対抗リーグ戦「AKB48天下一HADO会」が、チームKの総合優勝で白熱したシーズン1を終えた。9月13日に東京・HADO ARENA お台場店で行われた最終第6戦の終了後に、10月11日から始まる「シーズン2」の開催が決まり、メンバーたちはさらなる気合を入れている。チームKのキャプテンを務める田口愛佳、山内瑞葵、上見天乃の3人による特別インタビューで意気込みを聞いた。(取材・文=吉原知也)

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 グループのチーム「A」「K」「B」「4」の4チームがトーナメント戦を繰り広げる同大会は、6月23日の第1戦を皮切りに、約3か月かけて全6試合を開催。アプリ「Wow Live」の応援機能に加え、試合会場ではボールの投票による「推しチーム応援」も実施され、全体を通してファン参加型で盛り上がりを見せた。

 最終第6戦は、チームAから大竹ひとみ、向井地美音、永野芹佳、チームKから田口、山内、上見、チームBから大盛真歩、永野恵、橋本陽菜、チーム4から倉野尾成美、行天優莉奈、長友彩海、17期研究生の橋本恵理子、平田侑希、太田有紀が出場した。

 この日の優勝はチーム4だった。総合的なポイントの計算で、チームKとチームAによる3位決定戦が、“事実上の総合優勝決定戦”となり、田口・山内ペアが勝利を挙げ、ハイタッチで喜びを分かち合った。

 会場で10月から始まるシーズン2の開催が“サプライズ”発表。より戦略性を高めるため、各チームのキャプテンが務める「監督」と、各チームで指名されたメンバーの「コーチ」による「監督コーチ制」を新たに導入することが明らかにされた。パワーアップした熱き戦いを見ることができそうだ。

 シーズン1を通しての好成績を“守り切った”総合優勝。田口は「本当にKのメンバーみんなに感謝の気持ちでいっぱいですし、ファンの方々の応援がなくてはこの戦いには勝てなかったので、ファンの方々との絆もより深まったと思います」。この日の初出場に向けて事前に練習をして大一番に臨んだといい、「ずっきー(山内)と、そらのん(上見)の方がたくさんポイントを取っていて、むしろ私が足手まといみたいになりましたが、少しでも自分の存在で(他のメンバーに)もっと頑張ろうと思えてもらえたらという気持ちです」と話した。

シーズン1の最終第6戦は白熱した展開になった【写真:ENCOUNT編集部】
シーズン1の最終第6戦は白熱した展開になった【写真:ENCOUNT編集部】

「2回目は無敵」で見事勝利 アイドルとして最高のうれしいプレゼント

 初出場の上見は「総合優勝が懸かる試合で、もうどうしようとすごく緊張していたのですが、最終的に形に残すことができてすごくうれしかったです。私にとってきょうが初めてのチームKとしての稼働日だったので、こうして総合優勝で終わることができて、その面でもうれしかったです」と感慨深げ。

 山内は第1戦以来の参加。実はあることで自信を持てたという。「実は1回目の時は全然分からないままルールをその日に覚えて出たので、ずたぼろでした。みーおん(向井地)さんが(YouTubeチャンネルの企画で以前に参加した経験があることから)その時にHADOをやるのが2回目で、『2回目は無敵』とおっしゃっていたので、私はきょうは2回目だからできる! という気がしていました。チームKを背負って戦うことで、メンバー全員の熱い思いを感じることができてよかったと思います」と充実感を語った。

 総合優勝のご褒美は、「好きなチーム曲のミュージックビデオ(MV)の制作」だ。新たな表現の場ができることは、アイドルとして最高のうれしいプレゼントだ。

 山内は「まさかMVだとは思わなかったのでうれしいです。そのMVが田口チームKにとって一生残る、みんなの宝物になる作品が作れたらなと思います」、上見は「私自身、MVが初で、チームKの仲間と仲を深められるいい機会になると思っています。絆を深めていきたいです」。田口は「せっかくなので自分たちの声が入っている曲でMVを作りたい思いはあります。メンバーみんなで話し合って決めていきたいです」。どの曲が選ばれ、どんな出来になるのか。待ち遠しい。

 シーズン2に向けて、山内が「まだあまり想像できていませんが、試合感がより増していくと思うので、みんなで協力して、その日の1位をどんどん狙っていきたいです」と話せば、上見は「今度は2回目の出場になるので、無敵になれるようたくさん練習したいですし、1回1回での優勝を勝ち取っていきたいです」と強調。田口は監督となり、HADOが得意なコーチの茂木忍と“指導者タッグ”を組むことになる。「茂木さんはめちゃくちゃ強いのですが、私弱いけど監督で大丈夫なのかな(笑)」と少し心配そうな顔をすると、すかさず山内が援護。「愛佳のファンの方々のアツさを感じたから、大丈夫。努力家の愛佳がこれからもチームを引っ張ってくれると思います」と友情エールを送った。

 大役を担う田口は「次のシーズンでは気を緩めることなく、監督コーチの2人でチーム全体を見て、どこが危ない、どこを強化するべきといったことをしっかり分析して、優勝をバンバン取りたいです。圧倒的勝利を挙げて、『やっぱりチームKだね』と言っていただけるように頑張っていきたいです!」と前を見据えた。

 試合の模様は、テレビ東京系番組「AKB48、最近聞いたよね…」(毎週火曜、深夜1時35分)で放送。

次のページへ (2/2) 【写真】緊張、真剣、喜び…「AKB48天下一HADO会」のアナザーカット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください