杉咲花、悠木碧からの「より好きになっちゃいました」“告白”に照れ笑い「うれしい」

女優の杉咲花が12日、都内で行われた映画「ぼくらのよあけ」完成披露試写会に登壇した。主人公の少年・悠真の声を担当した杉咲は「大切なものをもっと大切に思えたりするのではないかなと。そんな風になったらうれしい」と作品の完成を待ちわびたファンにメッセージを送った。

試写会に登壇した杉咲花【写真:ENCOUNT編集部】
試写会に登壇した杉咲花【写真:ENCOUNT編集部】

悠木碧との共演に「ご一緒できて幸せ」

 女優の杉咲花が12日、都内で行われた映画「ぼくらのよあけ」完成披露試写会に登壇した。主人公の少年・悠真の声を担当した杉咲は「大切なものをもっと大切に思えたりするのではないかなと。そんな風になったらうれしい」と作品の完成を待ちわびたファンにメッセージを送った。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載され、日本で最も長い歴史を誇る SF賞・星雲賞候補にもなった、今井哲也による傑作SFジュブナイル漫画「ぼくらのよあけ」を劇場アニメ化。宇宙とロボットが大好きな主人公・悠真を演じた杉咲、悠木碧、朴ロ美がイベントに登場した。さらに主題歌担当した三浦大知、作品の応援大使・横澤夏子、黒川智之監督も駆けつけ、トークに花を咲かせた。

 杉咲は「夢のあるテーマの物語。物語の中では登場人物たちが自分がかなえたいものに向かって真っすぐに突き進んでいく姿が描かれているので、身近な自分ごとのようにとらえられるんじゃないかなと思っています」と作品をアピール。アフレコについては「悠真といろんな出会いや別れにわくわくしたり、胸がぎゅっとさせられながら、一緒に冒険している気持ちになって、とても特別な体験になったと思います」と振り返った。

 一緒に暮らすロボット・ナナコを演じる悠木とはそれぞれ別のブースで収録に参加。悠木は「台本では、もっとハードな男子のイメージだったけど、杉咲さんのお声で彼の優しさが見えた。より好きになっちゃいました」と“告白”。杉咲は「うれしいです」と照れ笑いを浮かべ「不慣れな部分がたくさんあったので『大丈夫かな』と常に緊張していたんですけど、悠木さんのとてもキュートで温かいお声に何度も心がぎゅっとさせられました。豊かなところに連れて行っていただいた感覚があって、ご一緒できて幸せでした」と目を輝かせていた。

 作品の内容にちなみ、「未知の生物に出会ったらどうする?」というテーマトークでは登壇者一同が大盛り上がり。杉咲は「お菓子をあげてみたりします」とはにかみながら回答していた。

次のページへ (2/2) 【写真】悠木碧、三浦大知らの集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください