関口メンディー、初主演ドラマでプロレス挑戦 DDTから“プロデビュー”のラブコール

EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーが12日、都内で行われたABEMAオリジナルドラマ「覆面D」(10月15日午後10時より放送)の配信決定プレミアイベントに、共演の水沢林太郎、秋田汐梨、曽田陵介、紺野彩夏、武知海青、酒井若菜とともに出席した。

イベントに参加した関口メンディー【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに参加した関口メンディー【写真:ENCOUNT編集部】

武知海青とトレーニング「心強くて、一緒に汗を流しながら」

 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーが12日、都内で行われたABEMAオリジナルドラマ「覆面D」(10月15日午後10時より放送)の配信決定プレミアイベントに、共演の水沢林太郎、秋田汐梨、曽田陵介、紺野彩夏、武知海青、酒井若菜とともに出席した。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 本作は現代の高校生たちが直面している社会問題と、それに向き合い続ける教師を描く、完全オリジナルストーリーの連続ドラマ。関口は教育困難校に赴任した高校教師・大地大輔役を演じる。

 本作で初主演となった関口は、主演として意識したことを聞かれると「現場の雰囲気を率先して作らなきゃなと思って、そこはすごく意識しましたね」と明かし、「積極的にみんなとコミュニケーションを取ることでより撮影がスムーズに進んだり、みんなで頑張ろうってなるようにコミュニケーションを心がけました」とコメント。「みんながそれぞれ現場を盛り上げてくれて、スタッフさんともコミュニケーションを取ってくれたので、みんな心強くて頼もしかったです」と感謝した。

 本作に対する思いを聞かれた関口は「クランクアップしたときに思ったんですけど、世の中にはいろんなエンターテインメントがあるんですけど、この作品は世に出す意味があったり、問いのある作品だと思っています」と吐露。「見ることによって大変な思いをしている人たちが新しい一歩を踏み出せるような作品になっているので、撮影現場で起きた熱狂とかをたくさんの方々に届けたいなと思います」とアピールした。

 また、本作でプロレスに挑戦した関口は、練習がハードだったそうで「海青と3か月前からはじめまして、週に3回くらいやって、ツアーやイベントと並行してやっていたので体力的にも大変だったところもあるんですけど、海青もいてくれたというのもあって心強くて、一緒に汗を流しながら、DDTというプロレス団体にも協力してもらったので、プロレスに入り込めました」と回顧し、「プロのレスラーの方に来ていただいて、受け身から始まって、ドロップキックとか練習していきました。感覚的にはダンスの振り付けを覚えるのと少し似ている部分があったんですけど、技を仕掛けるだけじゃなくて受ける側もあるので大変でした」と苦労を明かした。

 これに、将来的にプロレスラーデビューの可能性はあるか尋ねられると「練習のときからDDTの方々からも『出てくださいよ』ってラブコールがすごくて、やってみてプロレスの奥の深さとか、プロレスラーってすごくかっこいいなって思ったので、機会があれば海青とタッグマッチなのか分からないですけど、やりたいなと思いますね」と目を輝かせた。

 さらに、今月5日に自身のツイッターで「関口メンディーー」に改名したことを報告した関口だったが、同ドラマのタイトルを「覆面Dー」にしなくていいか突っ込まれると「大丈夫です(笑)。メンディーのときだけで」と笑った。このほか同イベントでは、関口が共演者にサプライズで手紙を披露し、水沢を感涙させる一幕もあった。

次のページへ (2/2) 【写真】ABEMAオリジナルドラマ「覆面D」配信決定プレミアイベントの様子
1 2
あなたの“気になる”を教えてください