女子大生アイドルコピーダンスで同志社大が3位入賞を果たす「新たなスタートで少し努力が報われた」【UNIDOL】

今年で10周年を迎えた女子大生たちによる大学対抗アイドルコピーダンスコンテスト「UNIDOL」(ユニドル)。アイドルグループやダンスパフォーマンスに魅了された女子大生がチームを編成し、日本一を目指してその出来栄えを競い合うコンテストが8月、3年ぶりに復活した。舞台は過去最大級のNHKホール。そこで「勝者も敗者もUNIDOLにかける思いは一緒」をテーマにこの夏「UNIDOL」に青春をささげたファイナル出場全チームのインタビューを紹介。今回は「UNIDOL 2022 Summer」第3位の同志社大学「やっぱりまかろん。」をピックアップ。

「UNIDOL 2022 Summer」で3位になった同志社大学「やっぱりまかろん。」【写真:舛元清香】
「UNIDOL 2022 Summer」で3位になった同志社大学「やっぱりまかろん。」【写真:舛元清香】

「UNIDOL 2022 Summer」3位入賞の「やっぱりまかろん。」(同志社大学)

 今年で10周年を迎えた女子大生たちによる大学対抗アイドルコピーダンスコンテスト「UNIDOL」(ユニドル)。アイドルグループやダンスパフォーマンスに魅了された女子大生がチームを編成し、日本一を目指してその出来栄えを競い合うコンテストが8月、3年ぶりに復活した。舞台は過去最大級のNHKホール。そこで「勝者も敗者もUNIDOLにかける思いは一緒」をテーマにこの夏「UNIDOL」に青春をささげたファイナル出場全チームのインタビューを紹介。今回は「UNIDOL 2022 Summer」第3位の同志社大学「やっぱりまかろん。」をピックアップ。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

――チームについて。

「やっぱりまかろん。」同志社大学 メンバー10人
がんちゃん(4年生)、もえぴぃ(4年生)、こっちゃん(4年生)、うい(3年生)、ゆきみ(3年生)、なーな(3年生)、えりにゃ(3年生)、あめ(1年生)、ゆゆ(1年生)、りり(1年生)

がんちゃん「新世代まかろん。メンバーそれぞれの個性輝くカラフルで楽しいパフォーマンスとユニドルらしいアイドル感を兼ね備えたキラキラステージ。お客様も一体となって楽しむことのできるチームを目指しています! ステージ上のどこにいても全員が目立つキラキラパフォーマンスをすることができる中で、その曲の魅力を最大限に引き出す人員の配置を組んでいます。

 最初から最後まで目が離せないステージ作りのために細やかな部分までこだわり、豊かなエンターテインメントを届けられるよう心掛けています。見てくださる方々に笑顔を与えられるように一人一人がエンターテイナーを目指しています」

――大変だったことは。

がんちゃん「1期生が完全に抜けて新たなスタートの中で、組織体制の改革や経験値の浅さに苦労しました。裏方含め衣装制作や映像制作などチーム一丸となって取り組みました」

――今回の演目で頑張ったポイントは。

がんちゃん「4曲を通して物語調になっているところです。初めのOvertureでNHKホールに迷い込んだ私たちが力で勇気をもらい、3曲目の『Beyond the Bottom』で逆境の世の中でも希望の光を照らすという意味合いで、パフォーマンス中のバックスクリーンにアナウンスを流し白いペンライトで会場を埋めつくすという演出も行いました。会場の皆様との一体感、皆様と創り上げるステージを意識しました。暗い世の中ではありますが、UNIDOL大会を通して明るい未来があるというメッセージを伝えるとともに協力下さった皆様に感謝申し上げます」

セットリスト
1.Overture/マジカル・パンチライン
2.FANTASTIC ILLUSION/i☆Ris
3.英雄~笑って!ショパン先輩~/BEYOOOOONDS
4.Beyond the Bottom/Wake Up, Girls!
5.ギラギラRevolution/SUPER☆GiRLS

――ステージを終えた感想をお願いします。

がんちゃん「関西から数年ぶりの入賞ということで、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。応援してくださったみなさまに感謝申し上げます。またチームOGの方や裏方さんの協力もあり一つの作品となりました。前大会、入賞出来ずメンバー共々悔しい気持ちからの今大会だったため、結果を残すことができ、少しずつではありますが努力が報われたことにチームとして良かったのではないかと思います。まだまだチーム創設からの目標は果たせていないため、この結果を踏まえ高みを目指していきたいです」

「やっぱりまかろん。」がプレゼンターの「アンジュルム」と記念撮影【写真:舛元清香】
「やっぱりまかろん。」がプレゼンターの「アンジュルム」と記念撮影【写真:舛元清香】

――大会を通して学んだことは。

がんちゃん「私たち自身、作品を作るにあたって考えがまとまらず、また結果を出せないことへの焦り不安がありました。チーム全体として何が課題か分析し、まかろんらしさや強みを活かすことの大切さを結果と共に学びました。また上位チームは関東エリアからの入賞であった為、関東のレベルの高さを痛感いたしました」

――次に向けての課題は。

がんちゃん「チームとしてのユニゾンや個々のダンススキル、パフォーマンス力はやはりまだまだであると思いました。見ている方を楽しませる、自分達が楽しむのみでなく、一つの作品として安定感があり満足感や感動を届けられるようクオリティーの高いパフォーマンスには個々やチームとして研さんが必要だと考えています」

――あなたにとって「UNIDOL」とは。

ゆきみ「今しかできない全力疾走」
りり「同じ目標に向かって頑張れる仲間たちとかけがえのない時間を共に過ごせるもの」
がんちゃん「常に自身を成長させてくれるもの」
ゆゆ「青春」
あめ「一夜限りのステージに全てをかけること」
なーな「自分自身」
えりにゃ「学生時代に必死になれるもの」
うい「ただの限界看護学生の私を輝かせてくれる場所」
こっちゃん「自分自身を表現出来る居場所」
もえぴぃ「自分のことを好きになれた場所」

――将来の夢は。

ゆきみ「全人類を楽しませること」
りり「保育士さん、みんなに優しくできる存在」
がんちゃん「YouTuber」
ゆゆ「安定した生活を送ること」
あめ「いろんなかいわいに詳しいオタクになる!」
なーな「好きなことをいつまでも続けることができる大人」
えりにゃ「芯をもったキラキラした女性になること」
うい「料理上手なお嫁さん」
こっちゃん「後悔のない毎日を送ること」
もえぴぃ「のんびり自分らしく生きる」

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった「UNIDOL 2022 Summer」は全国5都市から49大学53チームが予選に参加し、敗者復活戦を勝ち抜いた2チームを含めた16チームが決勝戦に進出した。ファイナルの舞台となったのは過去最大規模の会場「NHKホール」。決勝戦では各チーム持ち時間8分のダンスパフォーマンスでし烈な争いを繰り広げた。そして「UNIDOL 2022ー23 Winter」の開催も決定。北海道、関西、関東、東海、九州の各ブロック予選が12月に行われ、23年2月15日に東京「Zepp Haneda」で決勝戦/敗者復活戦が開催される。

「UNIDOL 2022 Summer 決勝戦/敗者復活戦」結果
2022年8月21日(日)NHKホール

優勝
「Bombs!」(筑波大学)

準優勝
「SPH mellmuse」(上智大学)

第3位
「やっぱりまかろん。」(同志社大学)

ベストフェアプレー賞
「完全無敵シンデレラ」(A大学)

ベストポジティブ賞
「さよならモラトリアム」(慶應義塾大学)

ベストドレッサー賞
「chocolat lumiere」(K大学)

ベストアトラクティブ賞
「chocolat lumiere」(K大学)

ベストパフォーマンス賞
「Bombs!」(筑波大学)

★シークレットゲスト「アンジュルム」

次のページへ (2/2) 【写真】「UNIDOL 2022 Summer」3位入賞を果たした「やっぱりまかろん。」(同志社大学)のパフォーマンス
1 2
あなたの“気になる”を教えてください