宮迫・亮、吉本社長の超ロング会見はメディアの転換点…見えたメリットとデメリット

所属芸人による「闇営業」などの一連の問題を受け、吉本興業の岡本昭彦社長が7月22日に開いた記者会見は、会見という取材スタイルが新時代を迎えたことを予感させた。「時間無制限」が告げられた会見は5時間半に及び、生中継やインターネットのライブ配信がされた。会見場の質問者を通し、リアルタイムで寄せられた吉本芸人や視聴者の疑問がぶつけられる場面も。生まれ変わった「記者会見」の姿があった。

記者会見を開いた吉本興業の岡本昭彦社長
記者会見を開いた吉本興業の岡本昭彦社長

ネットメディアが5時間半の生配信…制約なくして“見える化”進む

 所属芸人による「闇営業」などの一連の問題を受け、吉本興業の岡本昭彦社長が7月22日に開いた記者会見は、会見という取材スタイルが新たな時代を迎えたことを予感させた。「時間無制限」が告げられた会見は異例の5時間半に及び、生中継やインターネットのライブ配信がされた。会見場の質問者を通し、リアルタイムで寄せられた吉本芸人や視聴者の疑問がぶつけられる場面もあった。会見場だけの枠組みに限られた従来から、よりオープンで制約が少なく、透明性が求められる現代型のスタイルへ。生まれ変わった「記者会見」の姿があった。

 約100媒体が駆け付けた会見。一度だけ約10分の休憩を挟み、約5時間半もの時間を費やした。吉本興業側からの「終わりの時間に関しては今回は設けていない」という説明でスタート。もっとも、4時間を過ぎたところで吉本興業側が一度終了しようとしたが、記者席から「話が違う」と声が上がって続行された一幕があった。

岡本社長の会見には数多くのメディアが駆け付けた
岡本社長の会見には数多くのメディアが駆け付けた

 広がりをみせる問題だけに、会見では、多岐に渡る質問が飛んだ。「雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が20日に独自で開いた「謝罪会見」で明かした岡本社長の発言内容を確認したり、吉本興業が打ち出したコンプライアンス対策や「芸人・タレントファースト」の姿勢を問いただしたり…。岡本社長の進退に迫るやりとりもあった。

 時間に制限をなくし、できるだけ質問に答えるというスタイルは、大きなメリットがあった。芸能に関する会見の場合、質問するのは芸能リポーターに限られることが多いが、今回はインターネットメディアからも多くの手が上がった。

 「ファクトチェック(事実確認)」の重要性が広く認識されており、記者会見の場でもこれまで以上に丹念に事実関係や真偽を確認する潮流が色濃く映し出された。宮迫・亮の謝罪では、吉本興業との生々しいやりとりが明らかにされた。逆に吉本興業の岡本社長の会見では、あいまいな問答を繰り返すことで、吉本サイドの“煮え切れなさ”が露呈してしまった格好だ。

 宮迫・亮の謝罪会見と岡本社長の会見は、メディアの大きな“転換期”だったともいえる。地上波は生中継をするにも、番組そのものを切り替えて行うことはできず、番組内の制限ある時間の中でしか伝えることはできなかった。これだけ、世間の関心の高い話題で、視聴者がわずか数分、数十分の放送で満足できるわけがない。

 その欲求不満の状態を解消したのが、会見のすべてを生中継したインターネットメディアだった。AbemaTVでは、ツイッターやネットで芸人や一般人から寄せられた意見や疑問を基に質問を行う試みも行った。従来の「読者やユーザーを代表する記者:登壇者」から、「記者に加えた読者やユーザー:登壇者」という構図への変化だ。

謝罪会見を行う宮迫博之(左)と田村亮
謝罪会見を行う宮迫博之(左)と田村亮

 新たな時代の会見スタイルは、まだある。宮迫・亮の謝罪会見では、それぞれが自身のツイッターでライブ配信した。ネットを活用して自主的に配信するという新しい手法は今後、主流となる可能性もある。

 ただ、こうしたすべての内容を垂れ流すスタイルには、疑問もある。次はどんなことがあるのかと、ダラダラと見続けてしまうのだ。忍耐力と集中力が必要で、ふっと目を離せば、重要な質疑が終わっていたということもある。この点は、民放のワイドショーがギュッとポイントを詰めて紹介する番組を見たほうがいいのかもしれない。

 記者会見には不祥事によるものから発表もの、事件事故に関するものまで多様なパターンがある。これまでは、約1時間といった制限時間が設けられているものが多かった。ただ、限られた時間の中でこそ、質問者と回答者との間に緊張感が生まれ、濃密なやりとりが生まれることもある。

 新時代のメディアの在り方、会見スタイルの模索は続いていく。

(ENCOUNT編集部)