石田ゆり子がコロナ外出自粛要請と“買い占め”に切なる訴え 「みんなの健康をみんなで守りましょう」

女優の石田ゆり子が27日、インスタグラムを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都などが今週末の不要不急の外出自粛要請を打ち出したことについて、自身の切なる思いを明かした。

石田ゆり子【写真:Getty Images】
石田ゆり子【写真:Getty Images】

商品・食品の“買い占め”についてメッセージ示す

 女優の石田ゆり子が27日、インスタグラムを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都などが今週末の不要不急の外出自粛要請を打ち出したことについて、自身の切なる思いを明かした。

 石田はまず、陽光を浴びる大きなクスノキの写真をアップし、「美しいクスノキ。散歩の途中で出会って幸せな気持ちになる」と書き始めた。

 外出自粛要請に言及し、「東京でも週末は不要不急の外出をしないように、とのことになりました。聞けば、スーパーなどの 食料品が争奪戦になっているとのこと。冷凍食品やカップ麺 缶詰だけではなく お肉や野菜、お米… 全てのものが品薄と聞いてどうしてそうなってしまうんだろうと、どうしても思います…家族がいる方々は やはり大変だと思います」と、店頭での商品・食品の“買い占め”についての心境をつづった。

 ここで石田は、不安から来る人々の群集心理についての見解を明かす。「しかし。新型コロナに打ち勝つためには みんなが同じように健康じゃないといけないのに… たとえばこれは学校の給食を何人かで全部食べちゃった、みたいなことなのでは… お腹空いてる友達はどうすりゃいいのよ、ってことですよね」とたとえて説明し、「いつも通りってわけにはいかなくても、みんなの健康をみんなで守りましょう。わんさと押し寄せて密着して並んでたら本末転倒ですよね」と、助け合い精神を呼びかけた。

 連帯を大事にコロナ禍を乗り越えようとする石田のメッセージに反響が続々。「わたしも本当にそう思います 思ってる事を代弁してもらった気分でスッキリしました」、「買い占めるだけのお金があって羨ましいですが、心の余裕はなさそうで残念ですね」、「ホント空っぽだよ 買占めコワイコワイ」「3児を抱えて毎食の用意。こんな状況でなくても毎日買い物かごにいっぱいの食材もすぐに無くなります…無事新学期を迎えることを目標に日々頑張っているけどニュースを見るたび心が折れそうです」といったコメントのほか、「ごく一部の人の暴走で品不足になること、トイレットペーパーで学んだはずなのに」、「食料品の争奪戦は悲しい気持ちになります、、平和的日常が1日でも早く迎えられます様に」といったさまざまなコメントが寄せられている。

次のページへ (2/2) 【写真】石田ゆり子が思いを寄せたクスノキの写真
1 2