【麒麟がくる】信長と対等に渡り合う幼き家康「今川は討つべき相手」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第10回が22日に放送された。今回は、尾張の国境に侵攻してきた今川義元(片岡愛之助)が、信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)を引き渡すように求めてくる。広い三河を今川に抑えられることに危機感を覚えた道三(本木雅弘)は、光秀(長谷川博己)に対し、帰蝶(川口春奈)を通じて尾張の動向を探るように那古野城に赴くように命じる。光秀は那古野城で信長(染谷将太)に出会う――という内容が描かれた。

「麒麟がくる」(C)NHK
「麒麟がくる」(C)NHK

天下をとる男の片りんを見せる「敵を討つには敵を知れ」

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第10回が22日に放送された。今回は、尾張の国境に侵攻してきた今川義元(片岡愛之助)が、信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)を引き渡すように求めてくる。広い三河を今川に抑えられることに危機感を覚えた道三(本木雅弘)は、光秀(長谷川博己)に対し、帰蝶(川口春奈)を通じて尾張の動向を探るように那古野城に赴くように命じる。光秀は那古野城で信長(染谷将太)に出会う――という内容が描かれた。

 今川側は信長の兄・信広を捕虜とすると、尾張に留め置かれている竹千代との人質交換を要求する。竹千代の実父・広忠を討った信長に対して竹千代は「父のことは嫌いだった。討たれたことは仕方ない。気にすることはない」と諭し、後に天下を統一する武将らしい堂々とした態度をすでに持ち合わせている様子。さらに、信長は竹千代を今川側に渡すことを拒否し、竹千代本人に意志を確認。竹千代は「今川はいつか討つべき相手だが、顔を知らない。敵を討つには敵を知れ」と自ら今川の手に渡ることを希望する。

 幼い人質の身でありながらも信長と対等に渡り合う竹千代の姿は視聴者にも大きなインパクトを残したようで、SNSでは「めっちゃ戦国武将脳」「天下を取る男だわ」「かわいい顔して恐ろしい子!」という声があがっている。

次のページへ (2/2) 【画像】信長と将棋を指しながら…幼い竹千代の真剣なまなざし
1 2