朝ドラ「エール」、主人公の父・唐沢寿明に癒されたい!

NHK連続テレビ小説「エール」が3月30日から放送開始される。「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球選手権大会の歌)」や、「六甲おろし」「闘魂こめて」などのスポーツシーンを彩る応援歌の数々や、戦後、人々を夢中にさせたラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」などのヒット歌謡曲を生み出し、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(ゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語が描かれる。

連続テレビ小説「エール」(C)NHK
連続テレビ小説「エール」(C)NHK

制作統括の土屋氏、現場では「ムードメーカー、笑いが絶えないです」

 NHK連続テレビ小説「エール」が3月30日から放送開始される。全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」「闘魂こめて」などのスポーツシーンを彩る応援歌の数々や、戦後、人々を夢中にさせたラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」などのヒット歌謡曲を生み出し、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(ゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語が描かれる。

 主人公・古山裕一役には窪田正孝、ヒロイン・関内音役には連続テレビ小説初出演となる二階堂ふみを迎えた今作。音楽をテーマにしていることもあり、第1回から随所に音楽があふれ、まるで「ラ・ラ・ランド」のような胸躍る幕開けとなっている。

 のちに音楽の才能を開花させることになる裕一の内気な少年時代に華を添えるのが、父・三郎役の唐沢寿明だ。福島で古くから続く老舗呉服店「喜多一(きたいち)」の4代目店主で、「子どもたちには自分の好きな道を歩んでほしい」と願う父親を優しく、時にコミカルに演じる。

 制作統括の土屋勝裕氏は「唐沢さんは本当にムードメーカー。窪田さんも唐沢さんのことを先輩として本当に慕っていて、笑いが絶えないです」と撮影中の様子を明かした。「アドリブでちょっと遊んでくれる。色んなお芝居の引き出しがあるので、それを一緒に楽しんで。スタッフも出演者も唐沢さんを中心にしていることが多いですね」と土屋氏。幼少期の裕一を温かく、そして熱心に見守る三郎の姿から、1日の活力をチャージする視聴者が多く出てくることは間違いないだろう。

次のページへ (2/2) 主人公の父・三郎役の唐沢寿明
1 2