氷川きよし、人気ゲーム「信長の野望」戦国武将で登場「原型がないくらいきれいな顔」

歌手の氷川きよしが20日、都内で行われたゲーム「信長の野望・新生」完成発表会に登壇した。エンディングテーマ「雷鳴」を担当した氷川が、同作をアピールした。

氷川きよし【写真:ENCOUNT編集部】
氷川きよし【写真:ENCOUNT編集部】

エンディング担当に「非常にコーエー」

 歌手の氷川きよしが20日、都内で行われたゲーム「信長の野望・新生」完成発表会に登壇した。エンディングテーマ「雷鳴」を担当した氷川が、同作をアピールした。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 氷川は「ゲームの中で曲が流れると聞いて、それがうれしくて。ゲームは小さい頃から知っていましたので、光栄なことでそれこそコーエーですね」とゲーム製作会社のコーエーテクモゲームスとかけて笑いを誘った。ただ、ゲームはほとんど最後までクリアすることがないという氷川は「エンディングまでがんばらないと。クリアできるかな、全部。でも、歴史の勉強にもなりますよね」とMCに同意を求めた。

 作中ではオリジナル戦国武将としても登場する氷川は「本当に素晴らしいデフォルメをしてくださって。原型がないくらいきれいな顔をしていますよね。毛も長さはもうちょっとで、こちらのキャラクターに到着するので、頑張って伸ばしたいと思います」と自身のキャラクターの感想を述べた。

 最後に氷川は「素晴らしい作品に参加できて、とてもうれしく思います。ぜひ多くの方に楽しんでいただいて、ゲームをやっていただいて、『雷鳴』も聞いていただければと思います」とアピールしていた。

「信長の野望」シリーズは1983年に1作目を発売してからシリーズ累計出荷本数1000万本を越える人気歴史シミュレーションゲーム。シリーズの約4年ぶり16作目となる同作では、シリーズ初の自ら考え行動する“生きた武将”が躍動し、プレイヤーを支え、天下統一をめざしてともに駆け抜ける。7月21日に発売。

次のページへ (2/2) 【写真】氷川きよしの最新全身ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください