アルピー平子、都内に一軒家購入を決断 77歳までの35年ローンに複雑胸中「地獄です」

お笑いコンビ「アルコ&ピース」の平子祐希が、都内に一軒家を35年ローンで購入したことを明かした。18日に自身のYouTubeチャンネルを更新し報告している。

「アルコ&ピース」の平子祐希【写真:ENCOUNT編集部】
「アルコ&ピース」の平子祐希【写真:ENCOUNT編集部】

バイク購入を断念し謝罪、その理由を告白

 お笑いコンビ「アルコ&ピース」の平子祐希が、都内に一軒家を35年ローンで購入したことを明かした。18日に自身のYouTubeチャンネルを更新し報告している。

外車SUVに夢中になった理由とは? “花の82年組”アイドルの華麗なる愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 平子はこれまで自身のYouTubeチャンネル「平子お買い物クラブ」でバイク選びに奔走する様子を公開してきたが、19日までに「【謝罪】平子から視聴者にご報告【平子お買い物クラブ】」と題した動画を公開。バイク購入を断念したことを明かした。

 冒頭から「申し訳ございません」と謝罪した平子。沈痛な面持ちで「バイクが買えなくなりました」と明かし、「急きょ、家を買うことになりまして……」と、都内に一軒家を買うことになったと理由を告白した。

 愛妻家として知られる平子は、現在は妻の実家の近くで賃貸で暮らしているとしつつ、妻の要望などから今後も実家の近くで住むことを考えていたという。そして今回、条件などが一致したことから、「ここに住もうじゃないか」と最後は平子自身が購入を決断したと明かしている。

 もっとも、「東京の土地の値段がバブル期を超えた」「土地を買うのにこんなに適していない時期はない」と、その苦悩も打ち明けた。「世界規模で材木が足りないというウッドショックにより、材木の値段も跳ね上がっております。そしてこの資材が世界規模で立ち行かない状況。輸入品が入らない状況。頭金も足りない。こうしたことから、激烈なローンを組まざるをえない状況になりました」と告白。

 ローンについては、「僕が今44歳になる年なので、35年男のフルローンなんで、ええ~、77歳。77歳まで!? 77歳まで払うんだ……ローンを……」と頭を抱えている。そして、「どうせ金持ってんだろと思っている方、いるかもしれませんが、現金はないです! 頭金ないんだから、現金があるわけがないんです。だって、もっと頭金に回せたらもう少しゆとりのあるローンになるんですけど……。本当にすみません」と重ねて謝罪した。

 最後には、マイホームの理想と現実について、「地獄です。(家を買うということは夢をかなえるものだと)思っていたよ俺も。血反吐をまき散らしながら買うもんだと思ってなかった」と語った。

次のページへ (2/3) 【動画】夢のマイホーム購入を決断した平子祐希
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください