吉沢亮、座り方で“王のオーラ” 山崎賢人も絶賛「めちゃくちゃかっこよかった」

映画「キングダム2 遥かなる大地へ」初日舞台あいさつが15日、都内の劇場で行われ、山崎賢人、吉沢亮、清野菜名、大沢たかお、佐藤信介監督が参加した。

吉沢亮【写真:ENCOUNT編集部】
吉沢亮【写真:ENCOUNT編集部】

映画「キングダム2 遥かなる大地へ」初日舞台あいさつに参加

 映画「キングダム2 遥かなる大地へ」初日舞台あいさつが15日、都内の劇場で行われ、山崎賢人、吉沢亮、清野菜名、大沢たかお、佐藤信介監督が参加した。

 原泰久氏による漫画を原作に、紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・エイ政(後の秦の始皇帝)の壮大なストーリー。実写映画第2弾となる本作では、天下の大将軍を目指す信の初陣となる「蛇(だかん)平原の戦い」を描く。

 こだわったポイントを聞かれると、エイ政(後の秦の始皇帝)役を演じた吉沢は「いすの座り方」と即答。王さま役とあって「基本いすに座っているので、どうやったら王様っぽく見えるのか意識した」と話すと、山崎は「めちゃくちゃかっこよかった、王のオーラが。座っているだけで出すのは本当に難しい。いろんなことを乗り越えて座っているんだなと思うと、かっこよかったです」と絶賛した。

 また、吉沢は「組んでいる腕を動かして(衣装を)バサッとやる動きを現場でなんとなくやっていて『いいな』と思ったので、取り入れた。完成した作品を見ても『いいな』と思ったけど、次のシーンでもまったく同じことをやっていて、なんか味を占めちゃってる感があって恥ずかしかった……」と打ち明けて赤面した。

※山崎賢人の「崎」の正式表記はたつさき

次のページへ (2/2) 【写真】清野菜名、山崎賢人らも登壇…「キングダム2 遥かなる大地へ」豪華集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください