「ぼくガラスのハートなんで」 炎上しても、誹謗中傷浴びても発信続ける才賀紀左衛門の本音

格闘家の才賀紀左衛門は2度の結婚、離婚を経て、現在はシングルファーザーとしてまな娘とともに暮らしている。また現在の交際相手とは“事実婚”という形で生活を共にしていることも話題となっている。家族と過ごすプライベートの様子を頻繁にブログで発信しており、ネットニュースに取り上げられることも多い。そのストレートな表現がきっかけで“炎上”することも……。誹謗中傷を浴びることも少なくないというが、才賀自身はどう感じているのだろうか。

才賀紀左衛門がブログで発信する理由とは【写真:ENCOUNT編集部】
才賀紀左衛門がブログで発信する理由とは【写真:ENCOUNT編集部】

個性派K-1ファイターが語るブログ、SNSとの付き合い方

 格闘家の才賀紀左衛門は2度の結婚、離婚を経て、現在はシングルファーザーとしてまな娘とともに暮らしている。また現在の交際相手とは“事実婚”という形で生活を共にしていることも話題となっている。家族と過ごすプライベートの様子を頻繁にブログで発信しており、ネットニュースに取り上げられることも多い。そのストレートな表現がきっかけで“炎上”することも……。誹謗中傷を浴びることも少なくないというが、才賀自身はどう感じているのだろうか。(取材・文=角野敬介)

 ◇ ◇ ◇

――特にブログではお嬢さんやパートナーとのプライベートを包み隠さず発信されています。ブログを含めたSNSとの付き合い方はどう考えていますか。

「自分も思うところはあります。娘も今、小学1年生で顔とか出すのはやっぱり怖いんですけど、娘はすごい出たがりで。でも娘には生んでくれた母親(※前妻のあびる優)もいるので、前の奥さんのことを考えたら、家族の様子なんかはそんなにあげない方がいいかなとか……そう思ってるときもあるんですけど、でも僕としては、そこはもっと前の奥さんとちゃんと話し合って、一緒に仲良くできてる姿を見せられたら良いなと思っています」

――ブログ発信で伝えたいことがあるんですね。

「僕はブログを通してずっと言い続けていることがあります。こんな僕でも、子育てして、これだけ娘が成長して、いい相手が見つかって。自分は本当に学もないし、ずっと格闘技だけやってきて。苦い思いをたくさんしてきて、本当に駄目な男やと自分でも思っています。でもそんなダメな僕やけど、一生懸命やったらできるんやぞって。僕には無駄なプライドもないですし」

――ありのままを見せることを大切にされている。

「伝え方という部分では僕の伝える能力、日本語能力が非常に低いんで……。最近、今の奥さんにもすごく言われて勉強してる最中です。ただ子どもに関しては本当に大好きやから、こんな僕やけど一生懸命やったら立派に育つよっていうのはやっぱブログを通じて見てもらいたい。ブログって基本的には文章じゃないですか。文章もどんどん成長していくと思っています」

――インスタグラムやツイッター、YouTubeではなくブログにこだわりがある。

「今はYouTubeが流行ってますけど、僕はブログで伝えたい。伝え方、表現の仕方は映像とは違いますし、会って会話するのとはまた全然違います。文章で伝えるっていう能力は、すごく大事やし、めちゃくちゃ勉強しています。ブログはずっと続けていくと思いますし、ブログを通じていろんな自分の成長してる姿をもっともっと見せていきたいなと思っています」

――ご自身が発信しているものがネットニュースになります。どう感じていますか。

「実は、一番最初の奥さんのお母さんと今もすごく仲良くさせてもらってるんですけど、結構怒られますね。『もんちゃん(才賀の愛称)もっとこう表現の仕方、勉強しなさい』って。僕が『悪いこと言われてるから見たくないねん』って言うんですけど、『ただの悪口だけじゃなくて、もんちゃんのことを思って言ってくる人がいるから、ちゃんとコメントも読みなさい』と。確かにそうやなと思って」

――ニュースのコメント欄も確認している。

「そんなつもりで言ったんじゃないんやけどな、とはよく思います。まだまだ自分の表現の仕方が悪いというか。今の彼女にも『これって何を伝えたかったん? 全然伝わらないよ。逆に悪い風に思われちゃうよ』って言われて、勉強させてもらってます」

――誹謗中傷のようなものも少なくありません。率直に傷つきませんか。

「ぐさーってきますね。ぼくガラスのハートなんで(笑)。でも、確かになって思うこともあるんですよ。それはすごくありがたいです。書いている人に直接会って話を聞きたいなとか。どう思われて、どう見られてんだろうな、って。そういうことに気づけるのは、僕としてはありがたいです」

――近年、誹謗中傷は社会問題になっています。どう受け止めているのでしょうか。

「結局そう思う人がいるから書いてるわけですよね。ただ嫌いってだけじゃなくて、僕にも問題がある。だから悩むというよりはそう見られないように、自分が心がけないと駄目だなと思います。前の奥さんに言われたことなんですけど、『もんちゃんは思ったことを何でも言うから。いいときもあるけど、悪いこと言われるとマイナスばっかりになってしまうから良くないよ』って。昔は言われると、『はぁ? あほか!?』ってイライラするだけでしたけど、周りが変えてくれました」

――今のパートナーへの感謝も度々口にされています。

「今の奥さんは仕事柄もあると思いますが、伝え方がすごく上手です。部下に注意するみたいな感じで伝えてくれる。ちゃんと僕の性格を見て、僕に響く話し方、伝え方を考えてくれる。それは僕だけじゃなくて娘にもやってくれてるんで、見ていて自分の学びになっています。それがあるからこそ、過去2人の結婚相手に対して、あのとき思っていたことが本当に申し訳なかったなっていうのを余計感じるようになりました。だから2人には幸せになってほしいですね」

□才賀紀左衛門(さいが・きざえもん)1989年2月13日、大阪府堺市出身。K-1でデビューし、のちに総合格闘技にも挑戦。戦績は32戦21勝(4KO) 9敗2分。2011年に1度目の離婚。14年にタレントのあびる優さんと結婚。19年に離婚。現在は妊娠中の交際相手と事実婚。168センチ。58.5キロ。

■才賀はABEMAで毎週土曜日に放送中の「セカンドチャンスウェディング2」にゲスト出演(16日放送)する。同番組は離婚歴のある男女が新たな出会いを経て、運命の相手ともう1度結婚に向き合う、全員バツイチの男女10人の婚活リアリティー。MCはケンドーコバヤシ、益若つばさ、柏木由紀が務める。

才賀が出演する「セカンドチャンスウェディング2」#3は以下から視聴可能。
https://abema.tv/video/title/90-1684



この記事に戻るトップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください