乃木坂46・大園桃子&与田祐希が見出した“しあわせのカタチ”とは?

乃木坂46の大園桃子&与田祐希が24日発売のテレビ情報誌「B.L.T.」5月号の表紙&巻頭グラビアに登場する。

大園桃子&与田祐希、両面超ビッグポスター(1)(C)東京ニュース通信社
大園桃子&与田祐希、両面超ビッグポスター(1)(C)東京ニュース通信社

「B.L.T.」5月号の表紙&巻頭グラビアに登場

 乃木坂46の大園桃子&与田祐希が24日発売のテレビ情報誌「B.L.T.」5月号の表紙&巻頭グラビアに登場する。

 2017年8月、18thシングル「逃げ水」で3期生初のセンターを務めた大園と与田。

 あれから2年半が過ぎ、様々な困難に直面しながらも、それぞれ見出してきた“しあわせのカタチ”があった。

 長らく乃木坂46の人気を牽引してきた白石麻衣が卒業を発表した中で、2人は今のグループのことを、3期生のことを、そして自分自身のことを、どのように考えているのか。加入以来、多くの期待を背負ってきた彼女たちだからこその想いに迫っている。

 別冊付録には貴重な両面超ビッグポスターもついている。それぞれ衣装も異なり、等身大の魅力をアピールしている。

次のページへ (2/2) 【画像】大園桃子&与田祐希、両面超ビッグポスターの実際の写真(2)
1 2