松本まりか、新ドラマで高橋一生に心乱される社長令嬢役…“言葉も態度も超ド級”な悪女の本性とは?

玉木宏主演、カンテレ・フジテレビ系の新ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(4月14日スタート、毎週火曜午後9時)で、新たなレギュラーキャストとして、松本まりか、奈緒、今野浩喜、渡辺邦斗の出演が決定した。

「竜の道 二つの顔の復讐者」への出演が決まった松本まりか(C)カンテレ
「竜の道 二つの顔の復讐者」への出演が決まった松本まりか(C)カンテレ

新ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」 奈緒は“笑わない女”に…今野浩喜、渡辺邦斗の出演も決定

 玉木宏主演、カンテレ・フジテレビ系の新ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(4月14日スタート、毎週火曜午後9時)で、新たなレギュラーキャストとして、松本まりか、奈緒、今野浩喜、渡辺邦斗の出演が決定した。

 本作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス作品。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木が演じ、竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を、玉木とは初共演の高橋一生が演じる。

 数多くの作品で強烈な印象を残し、2020年にさらなる飛躍が期待される注目の女優が、松本だ。今回演じるのは、竜一と竜二にとっての復讐相手・霧島源平(遠藤憲一)の娘・霧島まゆみ。大手運送会社・キリシマ急便の社長令嬢として裕福な家庭で育ったまゆみは、フードコーディネーターとして注目されることで承認欲求を満たしつつ、派手な私生活を送り、周囲に対して尊大な態度を取るワガママな女性。さらに、源平譲りの狡猾さも併せ持っており、何事も自分の思い通りに進まないと気が済まない。

 物語が進むにつれて、次第に竜二がまゆみに接近していくが、それは双子の復讐計画の一環で、いわば仕組まれた恋。復讐のため策略を巡らせる竜二と、一筋縄ではいかないまゆみの関係は、予測不能の展開を見せ、まゆみの思わぬ本性があらわになっていく。竜一と竜二の復讐劇に、波乱を起こすまゆみの根底にあるのは、純愛なのか、それとも、策略なのか……。回を追うごとに視聴者に驚きを与える役どころについて、「超強気な社長令嬢にして相当な悪女。ほぼ確実にそう映るでしょう。言葉も態度も超ド級ですから」「こんなにも大きな宝と興奮をもたらしてくれたこの悪女の本性に、みなさまの心がザワッとしてくだされば本望」と語る松本の怪演に、注目だ。

 奈緒が演じるのは、竜一が携わるグレーな仕事をサポートするITのプロ・遠山凛子。竜一を一番近くで支えながらも謎に包まれた彼女は、「笑わない女」といえる。頭脳明晰だが、常に冷静かつ無表情で仕事をこなす姿に対して、竜一も「客の前では笑えよ」と注意するが、当の本人はどこ吹く風。竜一の正体は知らないが、報酬さえもらえればハッキングなど違法なことでもやるというスタンスで、竜一とは奇妙な信頼関係を築いている。個性豊かな登場人物たちの感情が交錯するこのドラマにおいて、そのクールさでひときわ存在感を放つ役どころに挑戦する。「凛子さん自身とても謎めいたおもしろい女性」と語る奈緒による、愛くるしい笑顔を封印した演技もポイントだ。

 今野が演じるのは、竜一が出会う人当たりが良くお調子者の砂川林太郎。共演する奈緒も「クスッと視聴者のみなさんのお箸が休まる瞬間になったら」と抱負を語るように、シリアスでスリリングな展開が続くドラマにおいて、砂川とクールな凛子とのやり取りは、コミカルでホッとする場面となるはずだ。

 また、渡辺はキリシマ急便で、源平の秘書を務める大友由伸を演じる。ワンマン経営者である源平と、そんな父親への不満を募らせる息子・晃(細田善彦)の対立が繰り広げられる社内で暗躍する大友。渡辺自身、「『裏がありそうで一番嫌なタイプ』と言われるキャラクターになっていけたら」と語るように、本音と建て前を巧みに使い分け、物語をさらにかき回す存在となる大友に注目だ。

 「竜の道 二つの顔の復讐者」 2020年4月14日(火)スタート 毎週火曜午後9時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)※初回20分拡大

次のページへ (2/2) 豪華キャスト陣
1 2