【THE MATCH】那須川天心「これで負けたらしゃあない」 決戦前日にすがすがしい笑顔の理由

格闘技のメガイベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」(ABEMAで全試合独占生中継)は6月19日、東京ドームで開催される。18日は都内のホテルで前日計量と公式会見が行われた。

キックボクサーとして最後の前日会見をする那須川天心【写真:ENCOUNT編集部】
キックボクサーとして最後の前日会見をする那須川天心【写真:ENCOUNT編集部】

前日記者会見「これだけワクワクするのは久しぶり」

 格闘技のメガイベント「Yogibo presents THE MATCH 2022」(ABEMAで全試合独占生中継)は6月19日、東京ドームで開催される。18日は都内のホテルで前日計量と公式会見が行われた。

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

 決戦前日。天心は今、何を思うのか――。記者会見での主なやり取りは以下の通り。

「もう言うこともない。やるべきことすべてやりましたし、明日は僕がキックボクシング人生でやってきたことをすべて出して勝ちたいと思っている」

――実現まで長くかかりました。最終的にこうして向かい合った心境は。

「色々ありましたけど、こうなる運命だったんじゃないかと。俺の中でこれやんなきゃ終われないよねというのが腑に落ちたし、そういう風に運命ってあるんだなって」

――キックボクシング最後というのはどう影響するのか。

「僕は最後だと思ってやってなかったんですけど、結構くるんですよね。チームでやっていてもそうですし、最後の追い込みも、これだけでキック終わりかと。泣けてくるというか、心が引き締まってくるものもあった。もうこのメンバーで練習できないのかとか、父親との練習とか、日を追うごとに濃くなってきて。昔を思い出したり、そういう感情になりました」

――契約体重は58キロ。前回は55キロ。フィジカル、コンディションに違いは。

「久々でしたが減量の幅も少なく、よりナチュラルで調整できたかなと思います。すべてにおいてパーツがはまったというか、本当に最終回というか、昔の仲間と久々に会ったり、自分が思ってなくてもそういう(特別な)出会いがあったりとか……。着々と終わりに近づいていると思います」

――勝つ姿は完璧にイメージできているか。

「全てにおいて見えるんですよ。なんか。今本当に緊張もないし、ワクワクしかなくて、この1、2週間ずっと研ぎ澄まされていて、これで負けたらしゃあないよねって。何パターンも技を用意ししているし、当日にならないとわからない部分もありますが。これだけワクワクするのは久しぶりですね。ずっと迎え撃つ立場でしたし、ずっと追われてた立場だったし、勝っても嬉しくない、みたいなことばっかりだった。この感じは自分の中でも久々です」

――フェイスオフでの感情は。

「やってやるよ。という感じでした。(武尊への)感謝の気持ちもあるし、戦うという殺気を出していかなきゃいけないですし」

――6月19日は父の日、父・弘幸会長にどういう勝ち方を届けたいか。

「本当に運命だと思いますよ。おれはこれをやるって決めたのも、その日(父の日)だったからやらなきゃいけない運命なんだと思った。勝って親孝行してやろうかなと思います」

――明日のコスチュームは。ヒントだけでも教えてください。

「ストリートです。今日のスーツ?白黒です。(白黒つける?)そういうことにしときましょう(笑)」

――この試合が決まってからボクシングだけの練習はやっていないのか。

「1回もやってないかな。おれはボクサーになるんだという気持ちは一回、ゼロにしました」

次のページへ (2/2) 【写真】「泣けてくるというか」 前日会見で思いがこみ上げる那須川天心
1 2
あなたの“気になる”を教えてください