防護服で移動のナオミ・キャンベル 感染拡大で嘲笑の声が一変

スーパーモデルのナオミ・キャンベルが自身のYouTubeチャンネルに投稿した「新型コロナ対策」が話題になっている。

ナオミ・キャンベル【写真:Getty Images】
ナオミ・キャンベル【写真:Getty Images】

「自分の身は自分で守れ」

 スーパーモデルのナオミ・キャンベルが自身のYouTubeチャンネルに投稿した「新型コロナ対策」が話題になっている。

 普段から潔癖症で知られるキャンベルは、ロサンゼルス空港からニューヨークに戻る際、防護服、マスク、ゴーグル、ゴム手袋を着用して移動する動画を投稿した。

 ひと目もはばからず、「自分の身は自分で守れ」とウイルス侵入阻止だけを追求。

 防護服はアマゾンでLサイズ15.99ドルで売っているもので、「お笑いのためにやっているわけではない」と主張。米国で巻き起こるマスク不要論にも「私は同意しない」と反発し、医療用のようなグリーンのマスクでウイルスを完全に遮断した。

 徹底した感染対策に、当初、ナオミを笑い者にしていたネットユーザーの声も変化。

「最初は彼女のことを笑っていたけど、今ではみんな真似している」「彼女は賢い女性だ」「イタリアに住んでいるけど、あなたは正しいことをしている」「多くの人が彼女のことを笑い者にし、気が狂っているって言ったけど、今は備えないほうが気が狂っている」などの声が上がっている。

次のページへ (2/2) 【画像】防護服を頭からかぶり、スーツケースを持って空港内を歩くナオミ・キャンベルの実際の写真
1 2