岩田剛典、“相棒”ディーン・フジオカに「武士道を感じる」 出会いに「心から感謝」

俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典が17日、都内で行われた映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」の初日舞台あいさつに出席。“バディ”を演じたお互いへの思いを語った。

バディを組んだディーン・フジオカへの想いを語った岩田剛典【写真:ENCOUNT編集部】
バディを組んだディーン・フジオカへの想いを語った岩田剛典【写真:ENCOUNT編集部】

ディーンも「最高のバディとの出会いがあったからこそ、今日がある」

 俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典が17日、都内で行われた映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」の初日舞台あいさつに出席。“バディ”を演じたお互いへの思いを語った。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 2019年にフジテレビ系で放送されたドラマ「シャーロック」の映画版。世界的な探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案に、犯罪捜査コンサルタントの誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、元精神科医の若宮潤一の名バディが数々の難事件を解決するストーリー。映画では瀬戸内海の島に棲む華麗なる一族の闇に迫っていく。

 岩田はこの作品で共演したディーンと「はじめましての日を鮮明に覚えている。湾岸スタジオであいさつして、そこからすぐに顔合わせと立ち稽古に入った」と回想。ディーンは「背中で語る男だと思う」とし、「武士道を感じますね。凛とされていて紳士である種完璧。でも、内には燃えたぎる情熱が誰よりもある。そういう方とお仕事できた経験はなにより刺激になった。心から感謝しています」と相棒に感謝した。

 その言葉を聞いたディーンは「こちらこそ」とうれしそうに笑顔。ディーンの横にいた広末涼子から「泣いちゃいそうじゃん。目がキラキラしている」と指摘されると照れ笑いを浮かべた。ディーンは「はじめて湾岸スタジオで会って『岩ちゃんと呼んでいい?』と聞いて許可を得て、その日から何度もいろんなところで呼んでいる。最高のバディとの出会いがあったからこそ、今日がある」と思いを吐露した。

 また最後にディーンは「この作品の続きがみたい」と続編を希望すると、会場のファンからも大きな拍手が沸き起こった。「このさきどう物語が進んでいくのか、見てみたいですね」と語った。

 舞台あいさつにはそのほか小泉孝太郎、椎名桔平、西谷弘監督も参加。なお登壇予定だった新木優子は新型コロナウイルス感染のため欠席となった。

次のページへ (2/2) 【写真】舞台あいさつで互いに笑顔を見せるディーン・フジオカと岩田剛典
1 2
あなたの“気になる”を教えてください