【THE MATCH】野杁正明、海人は「僕のレベルじゃない」 静かな“怪物”が断言する理由

 格闘技のメガイベント「THE MATCH 2022」(ABEMAで全試合独占生中継)は6月19日、東京ドームで開催される。キックボクシングの“神童”那須川天心と、“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”武尊の「世紀の一戦」をメインに、RISE、K-1の両団体が誇るトップファイターがズラリと勢ぞろいする。「ENCOUNT」では出場選手へのインタビューを実施。カウントダウン連載で紹介する。第9回は野杁正明(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)。シュートボクシングの“最高傑作”海人(TEAM F.O.D)と対戦する。

K-1で向かうところ敵なしの野杁正明【写真:ENCOUNT編集部】
K-1で向かうところ敵なしの野杁正明【写真:ENCOUNT編集部】

出場選手インタビューvol.9、野杁正明

 格闘技のメガイベント「THE MATCH 2022」(ABEMAで全試合独占生中継)は6月19日、東京ドームで開催される。キックボクシングの“神童”那須川天心と、“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”武尊の「世紀の一戦」をメインに、RISE、K-1の両団体が誇るトップファイターがズラリと勢ぞろいする。「ENCOUNT」では出場選手へのインタビューを実施。カウントダウン連載で紹介する。第9回は野杁正明(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)。シュートボクシングの“最高傑作”海人(TEAM F.O.D)と対戦する。

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

 もしかすると、メインよりもこっちを見たい――。そんなファンがいるかもしれない。それだけ、格闘技ファン必見のカードだ。

 K-1で向かうところ敵なし、9連勝中の野杁が東京ドーム決戦で対峙(たいじ)するのはこちらも快進撃を続ける海人だ。

 天心―武尊と同様、格闘技ファンが待ち望んでいたカード。野杁も「やり残したというか、やってもいいなと思う日本人選手は、海人選手だけ。だから、別に決まったことに驚きもないですし、やってやるぞっていう気持ちしかないっすね」と言葉に力を込めた。

 29歳の野杁に対して、24歳の海人。5歳年下だが、「昔から強い選手がいるってことは知ってました。同門にシュートボクシングの大会に出てた選手がいたんで、シュートボクシングの会場にも何回も行ったことあります。だから、昔から本当に知ってる選手ですけど、まさか戦うとは思ってなかったんで。ライバル視というか、そういう気持ちは全然なかったですね。向こうが(戦いたいと)言ってくれてたんだけど、『言ってくれるんだ』みたいな」。この試合もまたTHE MATCHだからこそ実現した。

 海外進出を公言し、野杁戦を「通過点」と表現している海人に対し、「僕をしっかり倒した上で海外に挑戦したいっていう気持ちがあるみたいなんで。そういう気持ちで思ってくれることはすごくリスペクトしてます」と言いつつも、「僕とは正直レベルが違うと思いますし、強い選手ですけど、僕のレベルじゃない。全然相手にならないと思う」と余裕のカウンター。

 さらに「(安保)瑠輝也に関してもそうなんですけど、向こうはずっと僕の名前を出してくれて、ライバル視してくれるのかわかんないすけど、僕はライバルだと思ってないですし、僕にたどり着ける選手じゃないと思うんで。それと一緒ですね。(何人もいる)日本人選手の1人って感じです」と格が違うといわんばかりだ。

海人は「似ている」も…「僕の領域じゃない」

 もちろん、海人を甘く見ているわけではない。

「(タイプは)客観的に見ても、似てるんじゃないかなと思います。戦い方だったり、上下の打ち分けのバランスだったりとか。全てが一緒ってわけじゃないですけど、似てる要素はあるかなっていう印象です。

 本当に強豪選手には間違いないですし、ちゃんと実績を残してる選手なんで、弱い相手とずっと戦って結果を残している選手ではない。そこは本当にリスペクトしますし、強い選手だということは思ってます。でも僕の領域じゃないっす」

 こうした発言が決して強がりには聞こえない。それだけの築いてきた実績が野杁にはある。転機となったのは2017年「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」スーパーライト級タイトルマッチだ。自身も一度敗れていた“絶対王者”ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)に延長の末、判定勝ち。悲願をかなえた瞬間だった。

「良い意味でも悪い意味でもゲーオとのタイトルマッチでちょっと意識が変わった。やっぱり僕自身もそうですし、ファンの皆さんも納得いってない判定だったんで、やっぱりそこからは、チャンピオンとして強さで証明していかないと、結果と内容で皆さんに納得してもらわないといけないっていうふうに思ったんで、そこからですかね。そこからKOも増えますし、そこですかね」

 以降、15戦14勝(9KO)と破竹の快進撃。怪物がまた一段ステージを上がった。

「僕のテーマは本当に残酷なまでに倒すこと。会場が凍りつくような、残酷さをテーマにしてるんで。よく怪物と言われたり、人間じゃないとかも結構言われるんですけど、そういう姿をお見せできればなと思ってますね」

「最初は嫌だった」という“怪物”の異名も今は「しっくりきています」と笑う。自他ともに認める怪物が東京ドームを震撼させる準備はできている。

天心vs武尊、野杁の予想は?

〇…ENCOUNTではインタビュー実施選手に天心―武尊を予想してもらった。

 野杁の予想「武尊の勝ち」。

「武尊くんと同門だからとか無しに考えて、僕は、1Rはやっぱり天心くんがスピードで戦うんじゃないかなと思うんですけど、武尊くんはラウンドを重ねるにつれてそのスピードにも慣れてくる。最終的には武尊くんの持ち味の圧力とパワーが上回る。3Rで武尊くんが倒すか、判定で勝つか。どっちかかなと思ってますね。もうこの先、ここまで注目される試合が組まれないかもしれない。僕は自分の試合が終わったら、控室じゃなくて会場で見たいですね」

□野杁正明(のいり・まさあき)1993年5月11日、愛知県名古屋市出身。2010年にプロデビュー。現K-1 WORLD GPウェルター級王者。元K-1 WORLD GPスーパーライト級王者47勝(23KO)10敗。身長175センチ、67.5キロ。

次のページへ (2/2) 【動画】K-1最強の“怪物”野杁の衝撃KO集、「思わず笑ってしまうくらい強い」の声
1 2
あなたの“気になる”を教えてください