【麒麟がくる】岡村隆史演じる菊丸の正体は家康を守り抜く忍びだった!

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第9回が15日に放送された。今回は、尾張に輿入れしたものの、いきなり祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)がついに対面。実父・信秀(高橋克典)と実母・土田御前(檀れい)に厳しく叱責されながらも自分を認めてほしいともがく信長の姿に共感を抱き、寄り添おうとする帰蝶の心情が印象的に描かれた。一方、美濃の光秀(長谷川博己)は後に妻となる女性・熙子(木村文乃)と再会を果たす。

「麒麟がくる」(C)NHK
「麒麟がくる」(C)NHK

大河初出演の岡村隆史が好演する謎の農民・菊丸の正体がついに判明!

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第9回が15日に放送された。今回は、尾張に輿入れしたものの、いきなり祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)と信長(染谷将太)がついに対面。実父・信秀(高橋克典)と実母・土田御前(檀れい)に厳しく叱責されながらも自分を認めてほしいともがく信長の姿に共感を抱き、寄り添おうとする帰蝶の心情が印象的に描かれた。一方、美濃の光秀(長谷川博己)は後に妻となる女性・熙子(木村文乃)と再会を果たす。

 人間模様だけではなく、各地の大名たちの動きも活発に。美濃・斎藤家と尾張・織田家が和睦したことを耳にした駿河・今川義元(片岡愛之助)は、隣接する尾張に田畑を奪われるだけではなく、嫡男・竹千代(のちの家康)を人質として織田家に留め置かれるなど辛酸をなめてきた三河・松平広忠(浅利陽介)に「松平家の汚辱を晴らすのは今」と織田と戦をするように発破をかける。

 しかし、尾張と三河で戦になれば、尾張で人質となっている竹千代の身の安全は保障されない。竹千代の実母・於大の方とその実兄・水野信元が、「頼れるのはそなたしかいない」とすがったのが、岡村隆史演じる菊丸。菊丸は「我らは竹千代さまの影となり、命に代えてもお守りいたします」と竹千代を守り通すことを誓った。

 公式のキャラクター紹介では三河の農民であることしか明かされていなかった菊丸。これまでもファンの間では様々な考察がなされてきたが、制作統括の落合将氏は「菊丸の正体、ついに明かされました!その正体は、竹千代(徳川家康)の実母・於大とその実兄・水野信元に仕える忍びです。水野兄弟の名を受け、情勢に翻弄された悲運の少年・松平竹千代に害が及ばぬよう、影で竹千代を守り続けます」とこれまで謎に包まれていた竹千代の正体について明かした。「自らの生まれ故郷・三河へのあくなき愛があります」と落合氏が言うように、第4回では共に尾張・古渡城に潜入した光秀に対して三河が現在おかれている苦しい状況について訥々と語る場面もあったことを思えば、正体が三河の忍びであることにも納得だ。

 菊丸役を演じる岡村は、今回が大河ドラマ初出演。演出を担当する藤並英樹氏は以前「非常にまじめな方で、本をちゃんと読まれて、菊丸という役に真摯に向き合ってくださって、なおかつ、ちょっと面白がり方を出してくれる。引き出しも多いし、身体能力がすごく高い」と役者・岡村隆史を絶賛していた。

 落合氏は「駿河と尾張の狭間で翻弄される悲しき三河の民を、岡村さんが全身全霊で演じてくれています。家康が本役・風間俊介さんになってからも、陰になり日向になり、家康を全力で守っていきます。正体が明かされた菊丸を、今後ともよろしくお願いいたします!」と視聴者にメッセージを送った。

次のページへ (2/2) 三河出身の農民・菊丸の正体は…
1 2