【麒麟がくる】岡村隆史演じる菊丸の正体は「お楽しみに」今夜ついに明らかに

現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の3月15日オンエアの第9回で、岡村隆史演じる菊丸の正体がいよいよ明かされる。

「麒麟がくる」(C)NHK
「麒麟がくる」(C)NHK

ファンが様々な考察も 制作の落合氏「お楽しみに」

 現在放送中のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の3月15日オンエアの第9回で、岡村隆史演じる菊丸の正体がいよいよ明かされる。

 前回放送された第8回では、織田信長(染谷将太)が本格的に登場。明智光秀(長谷川博己)と信長との出会いや、帰蝶(川口春奈)の輿入りなどが描かれた。終盤には、美濃と尾張が和睦を結んだことを聞きつけた駿河・今川義元(片岡愛之助)が、三河・松平広忠(浅利陽介)に尾張と戦をするようにけしかけ、不穏な空気が。

 そんな中、第8回終了後の次回予告では「そなたが頼りなのじゃ」と語りかける”何者か”に、菊丸(岡村隆史)が「命に代えてもお守りいたします」と誓うシーンが流れ、放送後のSNSでは「菊丸は何者?」「次回予告の岡村さんで全部持っていかれた」「菊丸、誰に仕えているの?」と話題に。

 制作統括の落合将氏に菊丸の正体についてたずねると、「お楽しみに」とニヤリ。今夜放送の第9回で、ついにその正体が明らかになりそうだ。

次のページへ (2/2) 一体、何者?
1 2