【THE MATCH】YA-MAN「ボディーで屈服させる」 芦澤とは「喧嘩っすね。キックやるつもりない」

格闘技のメガイベント「THE MATCH 2022」は6月19日、東京ドームで開催される。キックボクシングの“神童”那須川天心と、“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”武尊の「世紀の一戦」をメインに、RISE、K-1の両団体が誇るトップファイターがズラリと勢ぞろいする。「ENCOUNT」では出場選手へのインタビューを実施。カウントダウン連載で紹介する。第1回はYA-MAN(RISE=TARGET SHIBUYA)。オープンフィンガーグローブ(OFG)マッチでK-1の芦澤竜誠(K-1=DRAGON FISH)と対戦する。

芦澤を「ボディーで屈服させる」と意気込むYA-MAN【写真:ENCOUNT編集部】
芦澤を「ボディーで屈服させる」と意気込むYA-MAN【写真:ENCOUNT編集部】

出場選手インタビューvol.1、YA-MAN

 格闘技のメガイベント「THE MATCH 2022」は6月19日、東京ドームで開催される。キックボクシングの“神童”那須川天心と、“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”武尊の「世紀の一戦」をメインに、RISE、K-1の両団体が誇るトップファイターがズラリと勢ぞろいする。「ENCOUNT」では出場選手へのインタビューを実施。カウントダウン連載で紹介する。第1回はYA-MAN(RISE=TARGET SHIBUYA)。オープンフィンガーグローブ(OFG)マッチでK-1の芦澤竜誠(K-1=DRAGON FISH)と対戦する。

【PR】天心―武尊が見られるのはABEMAだけ! ABEMAプレミアム会員なら20%OFF【視聴チケット購入はこちら】

 混ぜるな危険。天心―武尊がメインなら、この対決は“裏メイン”かもしれない。間違いなく何かが起きる――。そんな危険なマッチアップだ。

 YA-MANが得意とするOFGマッチでの殴り合い。「相手の心配しかしてない。大丈夫?って。まぁ根性あるなとは思いました。自分にはアドバンテージがある。OFGには慣れてますからね」とニヤリと笑った。

 記者会見からバチバチだった。挑発の応酬でキレたYA-MANが芦澤に飛びかかり、一触即発に。制止された際に倒れ、頭から流血するなど大騒動になった。

「あの時はガチギレしていた。止める人がいなかったら、喧嘩(けんか)になっていた。あそこまでなるとは思ってなかったですけどね。周りからはいろいろ聞かれました。『本当にむかついたの?』とか、向こうがヒーローなら、こっちがヒールになる。どっちかがヒールにならないと盛り上がらないでしょ。本来は二人ともヒール。そっち(ヒール)のほうがやりやすい。ヒーローだと、勝たなくちゃいけない。という使命感がある。ヒールだとそういうのがない」

 ヒール役も大歓迎というわけだ。「毎回なんですけど、目立ってやろうとは思っていない。会場を盛り上げられればいい。ただただ面白くさせたい」。YA-MANの試合は間違いなく見るものを熱くさせてくれる。「喧嘩っすよ。キックボクシングをやるつもりはない。競技じゃない。喧嘩っすね。負ける気がしない。勝たなきゃいけない。負ける理由がない。プレッシャーもなにもない」と豪語する。

次のページへ (2/2) 芦澤は「ずるがしこい。俺とは対極」
1 2
あなたの“気になる”を教えてください