現役女子大生・橘遥菜が旭化成キャンペーンモデル!松嶋菜々子、片瀬那奈、久慈暁子ら輩出

モデルの橘遥菜(21)が「2020年旭化成グループキャンペーンモデル」に決定。現在、都内の大学に通う現役女子大生が大抜擢された。

「旭化成」の“顔”となる橘遥菜
「旭化成」の“顔”となる橘遥菜

「2020年旭化成グループキャンペーンモデル」に決定

 モデルの橘遥菜(21)が「2020年旭化成グループキャンペーンモデル」に決定。現在、都内の大学に通う現役女子大生が大抜擢された。

 旭化成では、1976年から毎年キャンペーンモデルを起用していて、初代のアグネス・ラムをはじめ、松嶋菜々子、片瀬那奈、久慈暁子らを輩出。橘は第45代となる。

 橘は2019年3月11日からホリプロのグループ会社「Booze(ブース)」に所属。同年6月にモデルデビュー。その後、桂由美ブライダルショーやイギリスブライダルデザイナー来日イベントなどに出演していた。

 事務所所属1年での“大役”に橘は「結果を聞くまでは常にそのことでいっぱいでした。選ばれたことを聞いた時は本当に驚きました。憧れのキャンペーンモデルになることができて、とても嬉しかったです。それと同時に日を重ねるにつれて、キャンペーンモデルとしての責任の重大さを感じるようになりました。今年1年間たくさんのことに挑戦し、頑張りたいと思っています。よろしくお願いいたします」とコメントした。

□橘遥菜(たちばな・はるな)1998年5月1日、神奈川県出身。O型。身長176㎝。ニックネームは「はーたん」。特技はバスケットボール、チアリーディング。

次のページへ (2/2) 圧倒的な美脚の橘遥菜
1 2