広瀬すずの“デスメタル女子”に吉沢亮「完成度が高すぎる」 堤真一はキスシーン告白

女優の広瀬すずが10日、自身が主演を務める映画「一度死んでみた」(3月20日から全国ロードショー)の公開直前イベント“大ヒット祈願ミサ”に参加し、共演者の吉沢亮、堤真一と撮影時のエピソードを明かした。

公開直前イベントに参加した吉沢亮と広瀬すず【写真:ENCOUNT編集部】
公開直前イベントに参加した吉沢亮と広瀬すず【写真:ENCOUNT編集部】

広瀬すずのコメディー初挑戦作品「一度死んでみた」公開直前イベント

 女優の広瀬すずが10日、自身が主演を務める映画「一度死んでみた」(3月20日から全国ロードショー)の公開直前イベント“大ヒット祈願ミサ”に参加し、共演者の吉沢亮、堤真一と撮影時のエピソードを明かした。

 コメディー初挑戦となる広瀬が演じる主人公・野畑七瀬は、売れないデスメタルバンド“魂ズ”でボーカルを担当する女子大生。ライブで「一度死んでくれ!」と父への不満をシャウトするのが日常のかなり個性的なキャラクター。堤は七瀬の父で科学オタクの変人社長・野畑計、吉沢は存在感が無さすぎて“ゴースト”と呼ばれる計の秘書・松岡卓を演じる。

 作品の注目シーンを聞かれた吉沢は、「すずちゃんのコメディー、めちゃくちゃ面白いです。デスメタルのライブシーンは完成度が高すぎるので、普通に楽しめるシーンだと思います」と“コメディエンヌ”広瀬の熱演を絶賛。照れ笑いを浮かべた広瀬は、「控室で歌を聴いていた大友康平さんが『めちゃくちゃ売れるよ!カッコいいじゃん!』と言ってくださって、スタッフさんからも『普通に音楽番組出れるよ』と言われました。売れないバンドの役をやっていたのに、だんだん気持ちよくなってしまいました(笑)」と笑顔で撮影を振り返った。

 一方、堤は「僕はある方とのキスシーンがあります。そのシーンはほとんど監督ではなく、リリー・フランキーの演出です」と告白し、浜崎慎治監督も「舌は入れなくていいのか?とか、細かいディレクションがありました」とリリーの裏話。広瀬もリリーについて「大先輩なんですがお父さんのような感覚」と説明し、「リリーさんがイスを並べて寝ていたんですけど、ちょっかい出して写真とかも撮って、ずっとイタズラをしていました」と微笑ましいエピソードを明かしていた。

次のページへ (2/2) 広瀬すずの可愛い笑顔
1 2