国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」がVRを駆使した観戦専用施設「V-RAGE」をオープン

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営するCyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日が9日、VR技術を活用し、eスポーツ観戦やイベント体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」β版(以下「V-RAGE」)をオープンする事を発表した。

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」
eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」

会場さながらの没入感で観戦できるeスポーツイベントの誕生

 国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営するCyberZ、エイベックス・エンタテインメント、テレビ朝日が9日、VR技術を活用し、eスポーツ観戦やイベント体験ができるeスポーツ専用VR施設「V-RAGE(ブイレイジ)」β版(以下「V-RAGE」)をオープンする事を発表した。

「V-RAGE」は、RAGEが運営するeスポーツ大会の観戦やイベント参加体験ができる”eスポーツ専用VR施設”で、クラスター社が提供するバーチャルイベントプラットフォームを利用し、これまでオフラインで開催してきたeスポーツ大会「RAGE」を、バーチャル空間で楽しめるようになる。

 ユーザーは、スマホやPCから「V-RAGE」へアクセスし、eスポーツ観戦やイベント参加が可能。VRデバイスを使用する事で実際の会場にいるような臨場感とそれを超える新しいeスポーツの観戦体験が可能となる。

 この「V-RAGE」のオープンを記念し、3月15日に開催の「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」と連動したVRイベントを開催することが決定。イベントにはM-1グランプリ2019王者ミルクボーイによる「V-RAGE」のために書き下ろされたオリジナルネタも披露される予定だ。

 また当初開催を予定していた「RAGE2020 spring」の開催は、今般の国内における新型コロナウイルス感染症拡大状況を鑑み、会場を変更し無観客試合として実施することを決定。主催のRAGEは「2月26日(水)付で日本政府から発表されました要請およびお客様の健康・安全を最優先に協議した結果となりますのでご理解頂けますようお願いいたします」とし、対戦の模様はこれまで通り、OPENREC.tvとYouTubeで生配信する。

「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」
2020年3月15日(日) 開場11:00開演12:00/終演22:00 (予定)
※無観客試合として開催され、試合はOPENREC.tvとYouTubeにて生配信。
V-RAGE配信URL: https://cluster.mu/e/b2d94879-c6ff-4a75-89f6-64f8912758b7

「RAGE」とは
 次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社テレビ朝日の3社で協業し運営するeスポーツイベントおよび、eスポーツリーグの総称。
 主にオフラインで開催する一般参加型の「イベント」と、プロ選手による競技をオンラインで配信する観戦型の「プロリーグ」、2つのプロジェクトを実施している。
「イベント」では、複数のジャンルに渡るゲームタイトルが一堂に介し、各タイトルの最強王者を決めるeスポーツ大会のほか、会場限定の大会や新つくタイトルの試遊会、アーティストライヴなども開催。
 賞金制で開催したeスポーツ大会はこれまで、「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、「Shadowverse」(株式会社Cygames)、「ストリートファイターV」(株式会社カプコン)、「Vainglory」(Super EVill Megacorp社)の計4タイトルを採用。
 また、非賞金制の大会として「スプラトゥーン2」(任天堂株式会社)や「PUBG MOBILE(PUBG)」(PUBG株式会社)を採用したイベントも開催している。
 国内のトッププレイヤーたちが参加するeスポーツリーグでは、「RAGE Shadowverse Pro League」と「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League powered by CAPCOM」などのリーグを運営している。

次のページへ (2/2) 【ギャラリー】eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」会場、外観、ロビー、スタジアムの様子
1 2