工藤綾乃、5回目始球式は大暴投… つば九郎は“激怒”「なんだ!この始球式は!?」

女優の工藤綾乃が30日、神宮球場で行われたヤクルト対DeNA戦で始球式を務めた。自身5回目となる今回の結果は“大暴投”。ヤクルトの球団マスコット・つば九郎からはお叱りの言葉をもらったようだ。

通算5回目の始球式に臨んだ工藤綾乃
通算5回目の始球式に臨んだ工藤綾乃

“推し選手”は同郷・宮崎出身の青木宣親

 女優の工藤綾乃が30日、神宮球場で行われたヤクルト対DeNA戦で始球式を務めた。自身5回目となる今回の結果は“大暴投”。ヤクルトの球団マスコット・つば九郎からはお叱りの言葉をもらったようだ。

「ますだ家・レモンカンパニー presents きっちんくるりんぱ スペシャルナイター」と題されたこの日。工藤は「神宮球場グルメ大使」にも就任することが発表された。

 自身5回目となる始球式は、投げた直後に大きく1塁側に球が外れ、ゴロとなってキャッチャーの内山壮真選手のミットにおさまった。

 工藤は「練習では上手くいっていたのに……。力んで1塁側に(球が)いってしまいました。気持ちよく投げたつもりでしたが」と笑顔を見せた。また、つば九郎からは。「なんだ! この始球式は!?」と“お叱り”も受けたようで、これには苦笑いだ。

 2019年にヤクルトスワローズ設立50周年つば九郎デビュー25周年記念ドラマ「つばめ刑事」に出演した縁もあり、神宮球場には月1回ほど試合観戦に訪れている工藤。

 ヤクルト選手の推しとして「同じ宮崎県出身なので青木(宣親)選手です。宮崎県人としてリスペクトしています! 私も芸能界で青木選手のような息の長い女優になりたいです」とコメントを残した。

次のページへ (2/3) 【写真】大暴投の始球式を披露…工藤綾乃とつば九郎の2ショット
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください