柳楽優弥、高校生のときにバンドを組んでいた「ギターを弾いたり」 路上ライブに共感

俳優の柳楽優弥が28日、都内で行われた「タクトホーム新CM発表会」に出席した。

イベントに出席した、柳楽優弥【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに出席した、柳楽優弥【写真:ENCOUNT編集部】

理想の部屋は「オフにできる空間」

 俳優の柳楽優弥が28日、都内で行われた「タクトホーム新CM発表会」に出席した。

 29日より放映開始される新CM「家も街も、好きになる。」篇に出演する柳楽は、同CM出演のオファーが来た際の心境を尋ねられると「とてもうれしく思いました。僕は今32歳なんですけど、同級生も結婚して、マイホームを持ち始めている友人とかもいて、こういう年代でタクトホームさんのCMに出演させていただいたのは光栄だなと思います」とにっこり。

 CMでは柳楽が路上ライブをするストリートミュージシャンの青年を演じているが、路上ライブをしてみての感想を求められると「実は高校生のときとかに同級生の友だちとかとバンドを組んでギターを弾いたり、趣味程度でやっていたので、ちょっと懐かしいなという気分でやらせていただきました」と打ち明け、これまで路上ライブの経験はなかったそうで「今回初めてやらせていただいて、開放感を感じながら、また今回CM撮影なので拍手をたくさんしていただけたので、ラッキーだなと思いました」とご満悦。

 CMを見た感想については「ギターは自主トレして、好きでちょっと家で弾いたりする程度だったんですけど、CMでギターを弾くのは初めてだったので、かっこいいキャラクターとして描いていただいてうれしいですね」と声を弾ませた。

 また、同イベントのセットは柳楽のアイディアが取り入れられた作りになっているそうで、柳楽は「ちょっと白ベースで爽やかな印象にして、外ではアーティストの設定だけど、家だと清潔感があるような感じがいいなと思って、木目調のフローリングとか、壁もツートーンにしてみました」と説明し、自身の部屋の雰囲気を聞かれると「観葉植物とかを家にしっかり置いているタイプで、あれ(セットの観葉植物)はまさに家にありますね。あっ、これもあります! あとは家で映画を見るのが好きで、プロジェクターで見ることに最近ハマっています。オススメの見方です」と笑顔を見せた。

 さらに、この部屋でどのように過ごしたいか尋ねられると「スーパーに行っていたテイで、“スパイスカレーを作るか”という気分で帰ってきてキッチンに行ったりして、具材を置いて部屋でくつろいでということをしたいですね(笑)。夜はお酒を飲みながら映画というのはオススメの休日の過ごし方なのかなと思います」と答え、ゴールデンウィークはどのように過ごすか聞かれると「撮影が1日からインするんですけど、撮影で“大変だな”と思って、帰ってくる家で落ち着いたりしたいので、そういうときこそ居心地のいい空間というのは大切だなって思います。オフにできる空間というのが理想です」と目を輝かせた。

次のページへ (2/2) 【写真】理想の部屋に近づけた空間でリラックスした表情を浮かべた柳楽優弥
1 2
あなたの“気になる”を教えてください