漫画家・桂正和がジャンプ史上初挑戦したコーデはミニスカ×ニーハイ「目立っていこうと」

漫画家の桂正和の画業40周年を記念した大規模展示会「40th Anniversary 桂正和 ~キャラクターデザインの世界展~」の先行内覧会とトークショーが26日、東京・池袋のサンシャインシティで開催され、桂とコスプレイヤーの伊織もえ、よきゅーんが登壇した。

イベントに登壇した桂正和【写真:ENCOUNT編集部】
イベントに登壇した桂正和【写真:ENCOUNT編集部】

コスプレイヤーの伊織もえ、よきゅーんが登壇

 漫画家の桂正和の画業40周年を記念した大規模展示会「40th Anniversary 桂正和 ~キャラクターデザインの世界展~」の先行内覧会とトークショーが26日、東京・池袋のサンシャインシティで開催され、桂とコスプレイヤーの伊織もえ、よきゅーんが登壇した。

 27日から同会場で開催される展示会は、桂のキャラクターデザインに焦点を当てたもので、これまで手掛けてきた漫画やイラストが展示されている。この日は内覧会トークショーに多くのファンが詰めかけ、桂は「本当に40年やっていてよかった」とにっこり。「40周年というのがあまりピンときていない。気が付けば40年経っていた」と回顧した。

 81年に「週刊少年ジャンプ」で「転校生はヘンソウセイ!?」でデビューし、「電影少女」や、「I”s(アイズ)」、「ZETMAN」など数多くのヒット作を生み出してきた桂。この日は伊織が「I”s(アイズ)」のヒロイン・伊織の制服を着て登場すると、「週刊少年ジャンプでミニスカートとニーソックスを制服にしたのはたぶん僕が初めて」と告白。「ジャンプで目立っていこうと……」と、大胆な試みに取り組んだ経緯を明かした。

 アニメ「TIGER&BUNNY」のキャラクター原案&ヒーローデザインでも知られる桂は、「デザインの仕事は大変。依頼する人やプロデューサーによってやり方が全然違う」と苦労話を吐露。「TIGER&BUNNYの場合は、ワイルドタイガーを最初にデザインして基軸にしようと思ったので半年かかりましたね」と振り返り、「僕の漫画よりも斬新で、どことも被らないものをデザインしたかった意地があった」と苦笑い。

「いいのか悪いのか絵の段階だとわからなかったけど、アニメーションになって動いてみたら素敵だったのでよかった」とヒーロー誕生の裏話を披露し、集まったファンを楽しませていた。

 トークショー終了後には報道陣の取材に対応。桂は今後描きたい作品を問われると「『ZETMAN』の続きをやりたい」と意欲を見せ、「これまでリメイクを考えたことはないけど、この年になって描けなくなってきた。最終的には『ウイングマン』をもう一度描いてみたい。それか『電影少女』」と熱く語っていた。

 また、数々のヒット作を生み出しながら、自身のことを「三塁打を打つ」と表現した桂。「『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『鬼滅の刃』は場外ホームラン。でっかいホームランを打つと疲弊する。なんとなく活躍して、なんとなくここまでこれたのでまあいいかな。僕はマイペースにやっています」と穏やかな表情を見せていた。

次のページへ (2/2) 【写真】イベントに登壇したよきゅーん、桂正和、伊織もえの集合ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください