R-1王者・野田クリスタル 賞金500万円は“因縁”の上沼恵美子に献上? 「何かを献上しようと…」

史上最大のひとり芸No.1決定戦「R-1ぐらんぷり2020」で優勝を果たした「マヂカルラブリー」野田クリスタルが8日、都内で行われた優勝者囲み会見に出席した。

「R-1ぐらんぷり2020」で優勝した野田クリスタル【写真:ENCOUNT編集部】
「R-1ぐらんぷり2020」で優勝した野田クリスタル【写真:ENCOUNT編集部】

「R-1ぐらんぷり2020」2532人の頂点に立つ 異例の無観客決勝も「無観客のほうがやりやすい」

 史上最大のひとり芸No.1決定戦「R-1ぐらんぷり2020」で優勝を果たした「マヂカルラブリー」野田クリスタルが8日、都内で行われた優勝者囲み会見に出席した。

 時代が令和に代わり、18度目の開催となった「R-1ぐらんぷり」には、プロのみに参加資格が与えられ2532人の挑戦者がエントリー。決勝戦ファーストステージでAブロックを勝ち抜いた野田は、ファイナルステージでBブロック代表・すゑひろがりず南條(南條庄助)、敗者復活ステージを突破してCブロック代表となった大谷健太との最終決戦を制し、“ひとり芸の金メダル”を獲得した。

 優勝直後に会見場に駆け付けた野田は、「M-1グランプリ、キングオブコント、ともに決勝に出ていたんですけど、どちらもクソみたいな結果に終わってしまったので、本当に優勝できてよかったです。もう解放されました。最高です」と率直な想いを語り、優勝の実感を聞かれ、「めちゃめちゃあります!」とドヤ顔を決めた。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、決勝は一般客の来場を取りやめて無観客での開催となった。「僕は無観客のほうがやりやすいのかなと思いました。今回はスタッフさんがいたんですけど、完全なる無観客の中でやるネタ番組とかもあって、メンタル鍛えられていたので。『あらびき団』って言うんですけど。アレに比べれば全然マシでございます」と明かし、勝因については「ネットの投票が強めに入ったので、ネタの内容もゲームでネットの方々の支持を得たのではないか」と真面目に分析していた。

喜びを全身で表現した野田クリスタル「やった、やった、やったー!!」【写真:ENCOUNT編集部】
喜びを全身で表現した野田クリスタル「やった、やった、やったー!!」【写真:ENCOUNT編集部】

 関西テレビといえば、野田と因縁のある上沼恵美子の冠番組「快傑えみちゃんねる」がある(野田は2017年のM-1グランプリ決勝大会で上沼に激怒された過去がある)。出演の可能性が広がったことを振られると、「(賞金の)500万円使って何かを献上しようと思います」とボケてみせ、実際の賞金の使いみちを聞かれても「雑に使おうかなと思います。旅行とか、あと課金とか。相方(村上)には死んでも分けません」と記者を笑わせた。

R-1を制覇した野田の野望は、M-1グランプリ、キングオブコントでも優勝を果たし、“トリプルチャンピオン”になることだ。すでにトリプルチャンピオンにリーチがかかっている「霜降り明星」粗品の名前を出した野田は、「粗品をとりあえず……殺すしかない。キングオブコントに出られたら危ない気がするので」とブラックジョーク。最後に喜びの声を聞かれると、「やった、やった、やったー!!」と奇妙なポーズで喜びを表現して会見を締めくくった。

次のページへ (2/2) 激闘を振り返る
1 2