石田ゆり子「無邪気で元気なひとでいたい」 ミモザの花束に新たな決意

女優の石田ゆり子が、「国際女性デー」にあたる8日、インスタグラムを更新。ミモザの花束を手にして、新たな決意をつづった。

石田ゆり子【写真:Getty Images】
石田ゆり子【写真:Getty Images】

「沢山もらってしまった」というミモザの花束抱えて笑顔を披露

 女優の石田ゆり子が、「国際女性デー」にあたる8日、インスタグラムを更新。ミモザの花束を手にして、新たな決意をつづった。

 石田は「ミモザ…黄色いまん丸な花を見ていると こんなふうに 明るくて可愛くて 無邪気で元気なひとでいたい、と思います」と思いを書き込んだ。「沢山もらってしまった。ありがとう」と感謝の言葉で締めくくった。

 ハッシュタグには「#ミモザの日」「#国際女性デー2020」を添えた。

 写真は、あふれんばかりのミモザの花束を手にし、顔を傾けながら優しい笑顔をみせる石田の姿がおさめられている。

 この投稿に対して反響が続々。「ミモザ めっちゃくちゃお似合いです」「ゆり子さんもまさにそんな感じです 本当に素敵で憧れの人です 将来、私もそんな大人の女性になりたいです」「花言葉では、感受性とか思いやりという意味も、込められているようですね。ゆり子さんにピッタリですね」「暗いニュースばかりですが、ゆり子さんのスマイルで癒されます」といった共感の声も寄せられている。

次のページへ (2/2) ミモザの花束を手にする石田ゆり子
1 2