【週末は女子プロレス#46】料理動画でバズった世志琥が長期欠場乗り越え復活したワケ 体型もスリムに激変

2011年1月、スターダム旗揚げ戦での衝撃デビュー以来、世志琥(当時のリングネームは世IV虎)にはいろんな意味で驚かされっぱなしである。13年4月、団体初進出の両国国技館大会で、愛川ゆず季引退試合の相手としてメインを張った。15年には凄惨試合と言われた事件で引退も、16年に高橋奈七永が旗揚げしたSEAdLINNNG(シードリング)で復帰。そしてなによりも世間一般にアピールしたのが、TikTokにあげられた料理作りの動画である。強面の風貌とのギャップが大きな話題となり、バズりにバズったお菓子作りはレシピ本「世志琥の極上スイーツ作りやがれ!」の出版に発展。“女子プロレスラー世志琥”の名前を大きく世間に知らしめたのだ。

料理動画がTikTokで話題となった世志琥【写真:新井宏】
料理動画がTikTokで話題となった世志琥【写真:新井宏】

料理動画がTikTokで大反響

 2011年1月、スターダム旗揚げ戦での衝撃デビュー以来、世志琥(当時のリングネームは世IV虎)にはいろんな意味で驚かされっぱなしである。13年4月、団体初進出の両国国技館大会で、愛川ゆず季引退試合の相手としてメインを張った。15年には凄惨試合と言われた事件で引退も、16年に高橋奈七永が旗揚げしたSEAdLINNNG(シードリング)で復帰。そしてなによりも世間一般にアピールしたのが、TikTokにあげられた料理作りの動画である。強面の風貌とのギャップが大きな話題となり、バズりにバズったお菓子作りはレシピ本「世志琥の極上スイーツ作りやがれ!」の出版に発展。“女子プロレスラー世志琥”の名前を大きく世間に知らしめたのだ。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

「お母さんが料理が得意で、私も小学生くらいの頃から自分で作るようになりました。食べるのが大好きだったし、作ったものを食べてもらうのも好きでしたね」

 あくまでも趣味として料理をしていたのだが、新型コロナウイルス禍により、好むと好まざるにかかわらず自分時間が増えていた。当然、プロレス活動にもストップがかかってしまう。

「コロナ禍で試合とかがなくなって、そのなかでどうやって女子プロレスを広めていけるかなと考えたときに、シードリングの宣伝部長をやってくださっていたあぃりDXちゃんから、女子プロレスラーでまだバズった人はいないというTikTokでプロデュースさせてくださいというお話をいただいたんです。ただ、一番最初の動画は料理じゃなかったんですよ。自分、浜崎あゆみさんが大好きで、モノマネで踊ったりした動画を投稿してました(笑)」

 その後突然、なんとなく料理動画を投稿してみた。これが「かわいい!」と評判を呼び、人気が急拡大。プロレスファンではない人、とくに同性の若い世代が、女子プロレスラー世志琥の名前をおぼえていく。

「まさか自分の料理をお披露目するときが来るなんて、思ってもみなかったです。あまりにも料理しなそうな人が料理するってところが、おもしろかったんでしょうね」
 出版の話もトントン拍子で進み、レパートリーも激増。ただ料理するのではなく、流行を取り入れインスタ映えする盛り付けも意識した。

「拡散されていくスピードがあまりにも早すぎて、TikTokってすげえコンテンツだなって思いました。正直、ホントにうれしかったですね(笑)」

 それまでは「シードリングの世志琥です」と名乗っていたが、バズってからは「女子プロレスラーの世志琥です」に変換。彼女の目的は女子プロレスの認知度拡大であり、また、女子プロレスラーとしての誇りがそうさせているのである。その意識は、プロレスファンに囲まれたプロレスのリングでも変わらない。

 ところが、昨年3月3日におこなわれた古巣スターダムの日本武道館大会参戦を最後に、世志琥の姿がリングから消えた。腰の古傷が悪化した形だ。欠場前から、だいぶ痩せたとの印象もあったのだが、腰にかかる負担は大きく身体が悲鳴を上げたのである。以降、表舞台から身を引いて治療と肉体改造に取り組んだ。

「自分で自分の体を守るというか、もう一つ上のランクにいきたいとの考えもありました。
腰をカバーしたうえで、一度身体を作り直そうと思ったんです」

とはいえ、欠場は思いのほか長期化。一時は見ている方が「もう戻ってこれないのかも…」と不安視するほどだった。

「欠場中は歯がゆくて仕方なかったです。プロレスやりたいなあってずっと思ってたし、リングに戻ったらあれしようこれしようって、そういうことばかり考えてました。しかも最初に発表されてた期間よりも長引いてしまい、自分自身置いていかれてしまうんじゃないかって流れになってるし、正直、ものすごい焦ってました」

次のページへ (2/3) 復帰戦は「いろんな感情がごちゃ混ぜでした」
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください