細川たかしの弟子、彩青が平沢勝栄議員の柴又引っ越し案に御意「はい。すぐに移ります」

細川たかしの弟子で演歌歌手の彩青(りゅうせい=19)が18日、東京・柴又帝釈天題経寺で新曲「沓掛道中」(くつかけどうちゅう)のヒット祈願を行った。幼少の頃から映画「男はつらいよ」の寅さんに憧れ、同作の舞台になった地に立った。また、この機に柴又帝釈天参道商店街が特別PR大使を新設。初代大使になった彩青の任命式も行われ、「こんな大役、僕でいいんだろうかという感じですが、大好きな柴又を一生懸命にPRしていきたいです」と言葉に力を込めた。

柴又駅前の寅さん像を背に、記念写真に納まる彩青(中央)。左は平沢勝栄衆院議員【写真:ENCOUNT編集部】
柴又駅前の寅さん像を背に、記念写真に納まる彩青(中央)。左は平沢勝栄衆院議員【写真:ENCOUNT編集部】

新曲PRで柴又帝釈天参道商店街の特別PR大使に就任

 細川たかしの弟子で演歌歌手の彩青(りゅうせい=19)が18日、東京・柴又帝釈天題経寺で新曲「沓掛道中」(くつかけどうちゅう)のヒット祈願を行った。幼少の頃から映画「男はつらいよ」の寅さんに憧れ、同作の舞台になった地に立った。また、この機に柴又帝釈天参道商店街が特別PR大使を新設。初代大使になった彩青の任命式も行われ、「こんな大役、僕でいいんだろうかという感じですが、大好きな柴又を一生懸命にPRしていきたいです」と言葉に力を込めた。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 任命式には、柴又在住の平沢勝栄衆院議員も駆け付けた。彩青の師匠、細川は大ヒット曲「矢切の渡し」でこの地域との縁があり、平沢氏は「大変、お世話になりました。そして、お弟子さんが柴又を応援してくれるとは、なんて素晴らしい」とあいさつ。その上で、彩青に「今は杉並区の住んでおられるとのことですが、ぜひ、柴又に引っ越してください。私も世田谷に住んでいましたが、落下傘で(衆議院選挙に出馬して)来たわけですから」と要求した。

 これには彩青は苦笑いだったが、ヒット祈願を終えると「今日にも引っ越したい気持ちです。やはり、PR大使を務めるにはもっと柴又を知らないといけません。早いうちに移ろうかなと思いますね。ハハハハ」と御意の姿勢を示した。彩青は8月16日、東京・代々木上原のけやきホールでファーストライブを開催予定。20歳になるデビュー4年目に飛躍を目指す。

次のページへ (2/2) 【写真】「男はつらいよ」舞台で特別PR大使に就任…彩青のソロショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください