【麒麟がくる】尾張へ向かう帰蝶「生まれながらの宿命」川口春奈が切ない恋を振り返る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第8回が8日に放送された。第8回では、帰蝶(川口春奈)の嫁ぎ先である尾張に明智光秀(長谷川博己)が潜入し、帰蝶の結婚相手となる織田信長(染谷将太)の様子を偵察。港や市場を携え、豊かな尾張の目にした光秀は同盟の必要性を痛感する一方で、"尾張のうつけ者"と呼ばれ、奇妙ないでたちの信長の元に帰蝶を嫁がせるか葛藤する。しかし母・牧(石川さゆり)に「大事なのはこの国」と諭された光秀は、帰蝶に「尾張へ行くべきだ」と説得する場面が描かれた。

尾張へ向かうことを決意した帰蝶【写真提供:NHK】
尾張へ向かうことを決意した帰蝶【写真提供:NHK】

同盟のゆくえは… 尾張の海を目にした光秀が帰蝶を説得する

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第8回が8日に放送された。第8回では、帰蝶(川口春奈)の嫁ぎ先である尾張に明智光秀(長谷川博己)が潜入し、帰蝶の結婚相手となる織田信長(染谷将太)の様子を偵察。港や市場を携え、豊かな尾張の目にした光秀は同盟の必要性を痛感する一方で、”尾張のうつけ者”と呼ばれ、奇妙な出で立ちの信長の元に帰蝶を嫁がせるか葛藤する。しかし母・牧(石川さゆり)に「大事なのはこの国」と諭された光秀は、帰蝶に「尾張へ行くべきだ」と説得する場面が描かれた。

 第7回では光秀に「信長がどんな人間か見てきてほしい」と頼み、尾張へ向かわせた帰蝶だが、第8回では「(わたしを)嫁に行かせたくないなら調べにはいかない」とこぼし、光秀との恋が成就しないことを改めて悟った様子。海があり、活気ある市場を持つ尾張との同盟を結ぶべきだと強く考える光秀に「(尾張に)行かれるがよろしい」と説得された帰蝶は「十兵衛が申すのじゃ、ぜひもなかろう」と精一杯の強がりを見せ、信長との結婚を決意する。

 戦国時代の女性ならではの叶わぬ恋に区切りをつけ、尾張へと向かった帰蝶。帰蝶を演じた川口は「生まれながらの宿命というか、嫁がなくてはいけないというところもあったと思うんですけど、もちろん(尾張には)行きたくないはずだし、離れたくない、行くことを止めてほしいという思いや、『(輿入れを)止めてくれるならあなたしかいない』という中で、彼(光秀)に『行っておいで』と言われた切なさはすごくありました」と政略結婚を宿命と受け入れながらも、光秀と離れることになった場面について振り返った。さらに「でも(縁談を)断ることもできないという自分の中での葛藤もあったと思います」と、自らが演じる帰蝶を思いやった。

 尾張に嫁いでからの帰蝶は信長の正室として過ごすことになる。第8回で本格的に登場した信長について「突拍子のないことを言ったりして、『なんだ、この人…』と最初は思います」と笑った川口。「今回の信長は染谷さんがコミカルに演じてくださる。子どもらしい天真爛漫な部分があったり、潔く物事を決める瞬間があったり。帰蝶もそうですけれど、いろんな表情があってすごく新鮮ですし、面白いなと思ってお芝居をさせてもらっています」と順調な撮影の様子をうかがわせた。物語の重要な鍵を握る信長と決意を持って美濃を離れた帰蝶の今後にも注目だ。

次のページへ (2/2) 帰蝶が尾張へ…
1 2