YOSHIKI、「yoshikitty」への投票呼びかけ 「サンリオキャラクター大賞」8年連続ノミネート

X JAPANのリーダー、YOSHIKIが7日、東京・多摩市のサンリオピューロランドから、「YOSHIKI CHANNEL」の生配信に出演した。YouTubeとニコニコチャンネルで展開されている番組で、「サンリオキャラクター大賞」に8年連続ノミネートされたyoshikittyへの投票を呼びかけた。会場では、ドラムを猛特訓してきたYoshikittyが、X JAPANの「紅」を披露。その音に合わせてピアノを伴奏したYOSHIKIは、「すごい!」と感激した。

YOSHIKIが「Yoshikitty」と夢のコラボ
YOSHIKIが「Yoshikitty」と夢のコラボ

「スピード感を持って、前半に票を獲得することが大切」と呼びかけ

 X JAPANのリーダー、YOSHIKIが7日、東京・多摩市のサンリオピューロランドから、「YOSHIKI CHANNEL」の生配信に出演した。YouTubeとニコニコチャンネルで展開されている番組で、「サンリオキャラクター大賞」に8年連続ノミネートされたyoshikittyへの投票を呼びかけた。会場では、ドラムを猛特訓してきたyoshikittyが、X JAPANの「紅」を披露。その音に合わせてピアノを伴奏したYOSHIKIは、「すごい!」と感激した。

 yoshikittyはYOSHIKIをモチーフしたハローキティのキャラクター。ハローキティのデザイナー山口裕子さんが、YOSHIKIがデビュー当時にしていたウニのように角を立てたヘアスタイルと、紫色のアイシャドーをハローキティに施した。そのイメージイラストを見たYOSHIKIが「これ、yoshikittyだね」と言ったことで、名前が決定。2009年5月にお披露目された。

 YOSHIKIは、ハローキティ好きで知られてきた。アジアなどでプロモーション活動を行っていた時期には「持っていると落ち着く」とのことで、傍らにハローキティを置き、インタビューを受けていた。そして、誕生したyoshikittyを分身のように愛してきた。コンサート時には楽屋に置き、スマートフォンの待ち受けにするほど、気に入っている。

 配信ではyoshikitty誕生時のエピソードや歴史を山口さんとともに振り返った。yoshikittyがバージョンアップしていく中、ピアノを演奏しているyoshikittyも登場。山口さんは「YOSHIKIさんがやることは、yoshikittyちゃんも全部できないといけない」とこだわりを説明した。

 久しぶりにYOSHIKIと対面したyoshikittyは、会場中央に設置されたクリスタルピアノの前にYOSHIKIを誘うと、スタッフに「ドラムスティックを持って来て」とお願いした。ドコドコとドラムを鳴らし始めたyoshikittyに、YOSHIKIは「えっ、本当に行くの?」とキョトン。2本のスティックを胸の前に交差し、「Xポーズ」を見せたyoshikittyが、「紅」のリズムを奏でると、YOSHIKIはゆっくりと鍵盤をなぞり始めた。配信を見ていたファンからは「優しいドラム」「すごい」などの声が上がった。

「2022年サンリオキャラクター大賞」は、ノミネートされた全80のキャラクターから最高位を決める。同大賞に過去7度ノミネートのyoshikittyは、18年の3位が最高位。8日から投票が始まることに対して、YOSHIKIは「スピード感を持って、前半に票を獲得することが大切。Xファンはもちろん、ファンのみんなは自分が投票していることを友だちにも拡散してほしい」などと呼びかけた。

 YOSHIKIは、今後販売してほしいアイテムや1位になった際の公約も募った。新しいアイテム案の中では、お茶とコラボレーションした「YOSHIKITEA」のアイデアに、「ぜひ、出したい」とノリノリ。カフェや、ホテルの客室をyoshikittyにしたプランにも興味津々だった。

 そのほか、YOSHIKIが「電車やバスのラッピングや、yoshikittyのジェットもできたらいいな」と希望を語ると、山口さんも「キティちゃんは、新幹線とコラボレーションしていたことがあるから、新幹線はどうかしら」と提案。YOSHIKIは「ぜひ、乗ってみたい!」と声を弾ませた。

 投票は5月23日まで。

あなたの“気になる”を教えてください