石田ゆり子がSNS発信の心構えを新たに…「批判や偏見ではなく自分の言葉で伝えられる1人でありたい」

女優の石田ゆり子が6日、インスタグラムを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての自身のSNS発信について考えを示した。

石田ゆり子【写真:Getty Images】
石田ゆり子【写真:Getty Images】

山中伸弥氏と尾身茂氏の対談動画を見て「もやもやとしていたものがクリアになってきた」

 女優の石田ゆり子が6日、インスタグラムを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けての自身のSNS発信について考えを示した。

 石田は5日に新型コロナに関するマスコミの現状などについて自身の考えを投稿しており、そのうえで6日の投稿で、「昨日の投稿にたくさんのご意見をいただき やはりみなさんこの問題に様々なことを感じてるんだなぁと思うに至りました」と書き出し、「ひとりの大人として思っていることを正直に、批判や偏見ではなく 自分の言葉で伝えられる1人でありたいです…」と、SNS発信を含めた自身のあるべき姿についてつづった。

 今回、専門家による解説動画を見たといい、「さて私はさきほど、ネットで山中伸弥さん(京都大学iPS細胞研究所所長)と尾身茂さん(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長)の新型コロナ対策緊急対談の動画を拝見しました。いままで何回聞いてもなんだかわかりにくかったことやクラスター感染という言葉の詳しい意味など1時間にわたり詳しく教えてくださっています」と、小規模な集団感染「クラスター」などについて理解を深めたという。

 最後に、「もやもやとしていたものがクリアになってきたように感じました。こういうお話をもっともっと聞きたい」と締めくくった。

 この投稿も反響を呼んでおり、「知るって大事な事ですよね!有難うございます」「批判や偏見を恐れずに自分の言葉で伝えられること、素晴らしいことだと思います」「情報があり過ぎる時代、自分で必要な情報を選び学んでいく必要があるなと感じました」「昨日の投稿を拝見しました。同感です。過剰に不安を煽るような報道、最近多いの気になります」「ゆり子さんの真っ直ぐさ、正直なところ、発する言葉が大好きで、憧れです」「ウイルスより人間のほうが怖いと思ったよ今日この頃」といった意見が寄せられている。

次のページへ (2/2) 自分の言葉で伝えられる人に
1 2