“元祖不倫”こと石田純一の前向きな言葉 ドン底でも「いくらでも人生を挽回できる」

タレントの石田純一が3日、都内で行われたNintendo Switch用オリジナルゲームソフト「日本将棋連盟公認『棋士・藤井聡太の将棋トレーニング』」(ゲームスタジオ)の記者発表会に登壇。芸能界の不倫騒動についてコメントした。

芸能界の不倫騒動についてコメントした石田純一
芸能界の不倫騒動についてコメントした石田純一

世間を騒がせる不倫騒動について言及

 タレントの石田純一が3日、都内で行われたNintendo Switch用オリジナルゲームソフト「日本将棋連盟公認『棋士・藤井聡太の将棋トレーニング』」(ゲームスタジオ、5日発売)の記者発表会に登壇。芸能界の不倫騒動についてコメントした。

 子供の頃から将棋で先読み力を養った石田は、「仕事とは予測すること」と語り、ドラマ現場で先読み力が助けてくれたエピソードを披露。そんな石田だが“不倫”は先読みできなかった。最近世間を騒がせる不倫騒動は石田家でも話題になり、妻の東尾理子には「男の人はバレないと思ってやっているんですか?」と聞かれたという。「バレないといいな、バレないんじゃないかな、という感じで(不倫を)してしまうのではないかと思う。私ではないんですけど……」と説明し、「僕は“元祖不倫”なんて言われますけど、僕が始めたわけじゃない。昔から音楽や小説なんかでありましたので」と苦笑した。

 今も“不倫の権威”と世間に思われていることについて、「バトンタッチしていますから」と答えると、最近の不倫騒動について「今は一発アウトみたいですね。挽回というか寛容。大人はある程度そういうのをもって、許してあげられないかなと思いますけど、いろんな立場があるので」と気まずそうにフォロー。不倫騒動を起こしてしまった際の次の一手については、「絶対に許せない!とか言う人も中にはいるかもしれませんが、別に犯罪とかそういうことじゃないので、もうちょっと寛容でどうですか、と僕は思います」とコメントし、「時間が忘れさせてくれるかもしれません。あとは、気持ちというものをどうやって表していくかですよね」と助言した。

 さらに、「この後いくらでも人生を挽回できる。情報番組やワイドショーにプライベートのことばかりで出るのはかわいそう。普段の仕事ぶりを見て、人柄とかそういう部分で判断されたらいいなと思う」と不倫でドン底に落ちた人に向けてエールを送った。自身の過去の不倫を「本当に怒られましたよ。当事者、世間の人、知らない方からも、めちゃめちゃ言われました。だけど、それはしょうがない」と振り返り、「人生はなかなかやり直しがききません。でも出直しだったら、毎日でも出直せるわけですから、今日新たに生まれ変わって、心を入れ替えて頑張るというのはできる」と前向きな言葉で締めた。

次のページへ (2/2) 将棋パフェにニッコリ
1 2