【麒麟がくる】女心の分からない光秀に視聴者ヤキモキ「そういうところやぞ」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第7回が1日に放送された。第7回では、明智光秀(長谷川博己)に思いを寄せる帰蝶(川口春奈)、そして駒(門脇麦)がそれぞれの立場や宿命に悩まされる一面が大きく時間を割いて描かれた。

お手玉を披露する駒と見守る帰蝶【写真提供:NHK】
お手玉を披露する駒と見守る帰蝶【写真提供:NHK】

立場、宿命…。光秀を思う2人の女性の複雑な心境にも注目

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第7回が1日に放送された。第7回では、明智光秀(長谷川博己)に思いを寄せる帰蝶(川口春奈)、そして駒(門脇麦)がそれぞれの立場や宿命に悩まされる一面が大きく時間を割いて描かれた。

 第7回は尾張・織田信秀(高橋克典)が美濃・斎藤道三(本木雅弘)と和睦を結ぶことを決心。信秀は齊藤家の娘・帰蝶を嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎えたいと申し出る。この政略結婚で尾張に嫁ぐことになった帰蝶は、幼なじみでほのかな恋心を抱く光秀に、「今度は私を守ってほしい」と尾張への輿入れを止めるように頼む…。という内容だ。

 劇中で光秀の「女心の分からなさ」はこれまでも描かれ、その度に視聴者をやきもきさせてきた。前回放送の第6回で、寺で火を焚いて一夜を過ごすことになった光秀が駒に「早う入れ」と呼び寄せて肩を抱くシーンでは「キュン死」「こんなに胸キュンするとは」「おいで砲(戦国ver.)ヤバ」と視聴者がSNSに続々と書き込み。

 その実直がゆえに寄せられた恋心に気づけない光秀。今回も「鶴を見るついでに」と明智荘に寄ったという帰蝶の建前も見抜くことができず、「わかってないなあ」「自分に会いにきたとは思わないのか…」「十兵衛そういうところやぞ」と視聴者をにぎわせた。

 終盤には帰蝶と駒が明智荘でおしろいや紅を手にお化粧を楽しむ、”戦国女子会”の一幕も。駒役の門脇は「お化粧のシーンは2人とも白粉で顔を真っ白に塗っていたので、なんだかおかしくて、でもその姿の帰蝶さまがまたとても美しかった」と振り返り、「だからこそ余計にそのあとの十兵衛さまとの会話シーンが切なく、お2人の後ろ姿がとても印象に残っています」と美濃に留まりたい帰蝶、そして身分違いの恋に苦しむ駒の感情を代弁していた。

次のページへ (2/2) 【フォトギャラリー】光秀を取り巻く華やかな女性陣 恋心は叶うのか
1 2