【ムチャブリ!】第7話 大牙が雛子に突然のキス 猛アプローチに視聴者大興奮

女優の高畑充希が主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ「ムチャブリ!わたしが社長になるなんて」(午後10時)の第7話が23日に放送された。

大牙が雛子に突然のキス【写真:(C)日本テレビ】
大牙が雛子に突然のキス【写真:(C)日本テレビ】

キスシーンを待つ視聴者たち「心の準備はできた」「ドキドキドキドキ」

 女優の高畑充希が主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ「ムチャブリ!わたしが社長になるなんて」(午後10時)の第7話が23日に放送された。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

(以下、ドラマの内容に関する記述があります)

 同作は、高畑演じる出世欲のない30歳OL・高梨雛子が、社長のムチャブリにより子会社の社長に就任してしまったことから始まるお仕事エンターテインメント。「株式会社リレーション・ゲート」の若きカリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)の秘書として働いていた雛子は、年号を「平成」から「令和」に書き換えただけの数年前に提出した企画書が採用されてしまう。その結果、浅海から子会社「株式会社リレーション・フーズ」の社長に指名されてしまい、老舗フレンチレストランのリニューアルを命じられた。雛子はナマイキな部下・大牙涼(志尊淳)らと協力し、リニューアルオープンしたカジュアルフレンチレストラン「プチボナール」を運営する。

 思いを寄せる浅海と浅海の元恋人で経営コンサルタントの桧山凛々子(優香)が抱き合っている現場を見た雛子。ショックで家路についたところ大牙と出会い、雛子の泣き顔を見た大牙は雛子を抱きしめた。

 大牙は「笑ってる方がいいです」「あなたのことを嫌いってわけじゃない」と遠回しに気持ちを伝える。しかし雛子は慰められただけだと勘違い。翌日、浅海が誤解を解くためやって来たが、「大丈夫です。口外しません」と強がってしまう。

 大牙は、「プチボナール」のテイクアウト専門店で出している弁当を総合スーパーで全国展開するという大仕事を請け負ってきた。事業拡大のチャンスに意気込む大牙に、同僚は「好きな人にも積極的にアプローチするべき」とけしかける。意を決した大牙は休日にケーキ持参で雛子の家を突然訪れ、一緒にゲームをしたり食事を作ったり……。さらには食材を洗う雛子の袖を上げるため、バックハグで急接近。大牙は「俺といると楽しくないですか?」とアプローチする。

 SNS上では「え?これが(予告で)噂のバックハグ」「ぎゃーーー!!!来たーー!!バックハグーー!!」と視聴者大興奮。さらに「大牙くんめっちゃグイグイいくじゃん」「ツンとデレの差すごくて草」「急にツンがなくなってもうヤバイ」と大牙の変わりようにも反応が見られた。

 さらにドラマ終盤では、机で向かい合ってサンドイッチを食べる雛子に大牙が突然のキス。すでに予告でキスシーンの兆しはあったため、SNS上では「そろそろ大牙のキスの時間かな……」「心の準備はできた」「ドキドキドキドキ」と期待して待つ視聴者も。ついに大牙がキスをすると、「きたーー!!」「チューした!」「やばぃいいいいい!!」「ありがとうございますぅぅ!」などコメント欄がにぎわった。

 また大牙のキスの仕方に「(顔)グイからのチュー」「大事そうに親指で耳をなでるとこ天才過ぎ」「あの耳サスサスは何?チューしたおまけにそんなオプションついとるん!?」とキュンキュンさせられた視聴者が多かったようだ。

次のページへ (2/2) 【写真】“雛子”高畑充希に“大牙”志尊淳がバックハグ! 「ムチャブリ」第7話で話題となったシーン
1 2
あなたの“気になる”を教えてください