白石麻衣、冷酷な表情で“最狂女”演じる 「嘘喰い 鞍馬蘭子篇」予告映像が解禁

俳優の佐野勇斗と白石麻衣がダブル主演を務めるdTVオリジナルドラマ「嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-」、白石主演の「鞍馬蘭子篇」(1話目、2話目)の予告映像が解禁となった。

白石麻衣演じる鞍馬蘭子【写真:(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会 (C)エイベックス通信放送】
白石麻衣演じる鞍馬蘭子【写真:(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会 (C)エイベックス通信放送】

“嘘”予告映像には大久保佳代子が登場

 俳優の佐野勇斗と白石麻衣がダブル主演を務めるdTVオリジナルドラマ「嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-」、白石主演の「鞍馬蘭子篇」(1話目、2話目)の予告映像が解禁となった。

 予告映像では、客から金をむしり取る闇カジノを仕切る“最狂”女組長の鞍馬蘭子(白石)が、むちをふるい啖呵(たんか)を切りながら闊歩(かっぽ)するダイナックかつ格好いい姿を披露した。そして、大切な親友を救うために「このおとしまえは私がつける」と覚悟を決めた強い目線でこちらを射抜く表情など、白石の新境地とも言える演技に圧倒される。ラストは、冷酷な表情で敵を痛めつけようとする姿が切り取られており、一体蘭子に何が起こったのか、本編への期待が高まる映像となっている。

 予告映像について、白石は「“見・ど・こ・ろ”がぎゅっと詰まった予告編で、蘭子の格好良さもたくさん見れますので、『早くお届けしたい!』という気持ちになりました」とコメントした。

 さらに、「鞍馬蘭子篇」の解禁にあわせ“嘘”予告映像も公開となった。本作が“嘘”を“喰う”ゲームでもあることから、“嘘”予告映像が特別に制作。冒頭、白石演じる鞍馬蘭子が、背中を切りつけられ怒りをあらわにしながら振り向くが……その正体は、大久保佳代子。白石になりきり、むちをしならせ、唇に紅を指す演技などを披露。演じた大久保も「『こちらのほうがいいんじゃないかな』と、見た監督が何か作りたくなるような野心を持ってやりました」と自信を見せた。“嘘”予告を見た白石本人も「一瞬『私かな?』と思うくらい」と、大久保の熱演に思わずだまされそうになったようだ。

 また、主題歌は、映画版の主題歌でもある、B’z書き下ろし楽曲「リヴ」。映画版に引き続き、ドラマ版も最高潮に盛り上げる。

次のページへ (2/2) 【動画】「鞍馬蘭子篇」予告映像
1 2
あなたの“気になる”を教えてください