志尊淳、グッチのグローバル・アンバサダー就任 プライベートでもグッチを愛用

俳優の志尊淳がグ志尊は、2011年のデビュー以来、映画、ドラマ、舞台と様々なステージで活動。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」や、主演を務めた映画「さんかく窓の外側は夜」をはじめ、その確かな演技力でファンを魅了している。ッチのグローバル・ブランドアンバサダーに就任した。24日、所属事務所が発表した。

グッチのグローバル・ブランドアンバサダーに就任した志尊淳
グッチのグローバル・ブランドアンバサダーに就任した志尊淳

昨年11月「GQ MEN OF THE YEAR 2021」授賞式でもグッチのタキシードジャケット着用

 志尊は、2011年のデビュー以来、映画、ドラマ、舞台と様々なステージで活動。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」や、主演を務めた映画「さんかく窓の外側は夜」をはじめ、その確かな演技力でファンを魅了している。

ドラマ、アニメ、アイドル、K-POP、スポーツ…大人気番組が目白押しのお得キャンペーンを実施中(Leminoサイトへ)

 新型コロナウィルス感染症による外出自粛期間中には、ライブ配信での等身大のメッセージが男女問わず幅広い層からの支持を得るとともに、医療従事者への寄付も行っていた。2022年は俳優のみならず、初監督に挑戦した短編映画の公開や、今春公開のアニメーション映画「バブル」では主人公の声優を務めるなど、活動の幅を広げている。

 志尊はかねてよりプライベートでもグッチを愛用し、昨年11月の「GQ MEN OF THE YEAR 2021」授賞式でもグッチのタキシードジャケットを着用。ソーシャルなどを通じて発信されるファッションの表現や、社会との関わりを模索するその姿勢は、グッチが掲げてきた「インクルージョン」および「自己表現の自由」というメッセージと合致したようだ。

次のページへ (2/2) 【写真】グッチのグローバル・ブランドアンバサダーに就任した志尊淳…スタイリッシュに着こなす別カット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください