直木賞は今村翔吾氏「塞王の楯」、米澤穂信氏「黒牢城」に決定

第166回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭新喜楽で行われ、直木賞は今村翔吾氏(37)の「塞王の楯」、米澤穂信氏(43)の「黒牢城」に決まった。芥川賞の選考は続いている。

直木賞を受賞した米澤穂信氏(左)と今村翔吾氏【写真:(C)山口真由子】
直木賞を受賞した米澤穂信氏(左)と今村翔吾氏【写真:(C)山口真由子】

第166回の選考会が開催

 第166回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日、東京・築地の料亭新喜楽で行われ、直木賞は今村翔吾氏(37)の「塞王の楯」、米澤穂信氏(43)の「黒牢城」に決まった。芥川賞の選考は続いている。

 正賞は時計、副賞は賞金100万円。贈呈式は2月下旬に都内で行われる。

■第166回芥川龍之介賞の候補作品(作者五十音順・敬称略)

石田夏穂(30)=初=「我が友、スミス」(すばる十一月号)
九段理江(31)=初=「Schoolgirl」(文學界十二月号)
島口大樹(23)=初=「オン・ザ・プラネット」(群像十二月号)
砂川文次(31)=3回目=「ブラックボックス」(群像八月号)
乗代雄介(35)=3回目=「皆のあらばしり」(新潮十月号)

■第166回直木三十五賞の候補作品(作者五十音順・敬称略)

逢坂冬馬(36)=初=「同志少女よ、敵を撃て」(早川書房)
彩瀬まる(35)=2回目=「新しい星」(文藝春秋)
今村翔吾(37)=3回目=「塞王の楯」(集英社)
柚月裕子(53)=2回目=「ミカエルの鼓動」(文藝春秋)
米澤穂信(43)=3回目=「黒牢城」(KADOKAWA)

■選考委員(五十音順・敬称略)

芥川賞:小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、平野啓一郎、堀江敏幸、松浦寿輝、山田詠美、吉田修一

直木賞:浅田次郎、伊集院静、角田光代、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、三浦しをん、宮部みゆき

次のページへ (2/2) 【写真】個性派作家がズラリ 第166回芥川賞、直木賞受賞者の壇上ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください