3人のヒット監督が新コンテンツ制作に挑戦 堤幸彦、本広克行、佐藤祐市監督がタッグ

「TRICK」の堤幸彦監督、「踊る大捜査線」の本広克行監督、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市監督による新たなコンテンツ制作プロジェクト「SUPER SAPIENSS(スーパーサピエンス)」の発表会見が19日、東京・銀座のe-sports銀座スタジオで行われ、タレントの池田美優がゲスト出演した。

堤幸彦&本広克行&佐藤祐市がタッグ【写真:ENCOUNT編集部】
堤幸彦&本広克行&佐藤祐市がタッグ【写真:ENCOUNT編集部】

「自分たちが本当に作りたいものを作ろう」と3人で企画

「TRICK」の堤幸彦監督、「踊る大捜査線」の本広克行監督、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市監督による新たなコンテンツ制作プロジェクト「SUPER SAPIENSS(スーパーサピエンス)」の発表会見が19日、東京・銀座のe-sports銀座スタジオで行われ、タレントの池田美優がゲスト出演した。

 同プロジェクトは、映画祭で意気投合した3人のヒットメーカーが「自分たちが本当に作りたいものを作ろう」と企画し、物語(原作)作りからコンテンツ作りを行い、漫画化、ドラマ化、映画化、マーチャンダイジング、海外展開などゴールとするというもの。トークンを購入したサポーターに制作過程を共有し、新たなエンタメ制作を模索するという。

 いままでのコミック原作主義、製作委員会方式を否定し、参加型の新たな映画制作に挑む3人。堤監督は「いままでも100%の力で作ってきたが、もっと先があるんじゃないかという飢餓(きが)感があった。いままであった形をゼロベースにして、新たな形を作りたい」。本広監督は「お客さんと一緒に作る。みんなで作るのは、同好会にいるような気分」。佐藤監督は「若いディレクターになったつもりでワクワクしている。忘れていたものを思い出した」と話した。

 プロジェクトでは、「サピエンス(人類)」という大きなテーマを共有しつつ、3人の監督がそれぞれ作りたいものを作っていく。佐藤監督は「最初の題名案は『踊るSPECナイト』だった」と笑い。会見では、縦型スクロールの電子コミック「WEB TOON」にて、創作された物語を展開するとして、堤監督原案のベータ版がお披露目された。

 プロジェクトでは、クラウドファンディング事業「FiNANCiE」を提供し、“10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミー”の実現を目指す「株式会社フィナンシェ」とタッグ。誰でもトークンを購入することで、プロジェクトに参加でき、トークンの需要が上がれば、参加者にも見返りがある仕組み「DAO(ダオ=分散型自律組織)」という概念が用いられている。

 ゲストの池田は、監督たちとおそろいのロゴ入が入った白いパーカー姿で登場。「これだけの面々が集まるのは、なかなかないこと。すごい取り組みだな。でも、ブロックチェーンとかNFTとか知らない言葉が出てきて、よく分からなかったところもあったけども、新たな試みに楽しみしかないです」。しかし、「女優としても参加して」とのラブコールには「それは参加しません」と断言していた。

次のページへ (2/2) 【写真】女優としてラブコールされるも断るみちょぱ
1 2
あなたの“気になる”を教えてください