ダレノガレ明美「ねこのいない、ねこカフェ」プロデュース 新大久保に期間限定オープン

モデルでタレントのダレノガレ明美がアンバサダーを務める「ねこのいない、ねこカフェ」が、2月22日の「猫の日」にちなみ2月2日~27日の期間限定で新大久保駅直上のフードホール「Kimchi,Durian,Cardamom,,,」にオープンする。

「ねこのいない、ねこカフェ」アンバサダーを務めるダレノガレ明美
「ねこのいない、ねこカフェ」アンバサダーを務めるダレノガレ明美

現在では実家で5匹、自宅でも5匹の猫と暮らす愛猫家

 モデルでタレントのダレノガレ明美がアンバサダーを務める「ねこのいない、ねこカフェ」が、2月22日の「猫の日」にちなみ2月2日~27日の期間限定で新大久保駅直上のフードホール「Kimchi,Durian,Cardamom,,,」にオープンする。

「ねこのいない、ねこカフェ」は、実物の猫がいなくてもかわいい猫を感じることのできるさまざまな演出を用意するカフェ。保護猫活動や猫のことをもっと知ってもらうための取り組みに加えて、猫をテーマにしたスイーツメニューの提供や猫関連グッズの販売も行い、売上の一部を保護猫活動へ寄付する。

 コロナ禍が続き、在宅勤務の実施などで「おうち時間」が増え、生活に癒やし・安らぎを与えてくれる猫が人気となっている。しかし、そんな猫ブームの一方で、環境の変化や経済的な理由などで飼い主に捨てられ、行き場のない捨て猫もいる。

 アンバサダーのダレノガレは、幼少期から猫との生活が当たり前の環境で育ち、現在でも実家で5匹、自宅でも5匹の猫と暮らす愛猫家。猫好きをきっかけに「1匹でも多くの猫ちゃんが幸せになってほしい」という思いから、保護猫や迷い猫達について多くの人に知ってもらうことを大切にし、自身のインスタグラムを通して情報発信をし続けており、今回はカフェメニューや猫をモチーフにしたグッズ開発のプロデュースを行っている。

 今回の取り組みについて、ダレノガレは「私は小さい頃から、猫ちゃんと一緒に生活するのが当たり前の環境で育ち、猫ちゃんが本当に大好きです! 全ての猫ちゃんに幸せになって欲しいと思っていますが、悲しい事に保護猫や迷い猫達がいるのも現実です。この現状を1人でも多くの方に知ってもらう事が、1匹の猫ちゃんを救う大きな力になっていきます。キムチドリアンカルダモンで、楽しい時間を過ごして、保護猫ちゃん達を救う事に協力をして頂けたら嬉しいです」と話している。

次のページへ (2/2) 【写真】「ねこのいない、ねこカフェ」の店舗イメージ
1 2
あなたの“気になる”を教えてください