市川美織、今年初のレモン仕事に変わらぬ愛誓う「ずっとレモンを推していきたい」

タレントの市川美織が18日、都内で行われたモスバーガー新商品発表会・試食会に登場した。新商品は、レモンの味わいと和風の鶏肉がマッチした「とり竜田バーガー」。当日は、「フレッシュレモンになりたいの~」というキャッチコピーで知られ、広島レモン大使を務める市川が同商品とレモンの魅力を存分に語った。

モスバーガー新商品発表会・試食会に登場した市川美織【写真:ENCOUNT編集部】
モスバーガー新商品発表会・試食会に登場した市川美織【写真:ENCOUNT編集部】

舞台稽古中で「今は、お疲“レモン”モードなのでレモン力を借りたい」

 タレントの市川美織が18日、都内で行われたモスバーガー新商品発表会・試食会に登場した。新商品は、レモンの味わいと和風の鶏肉がマッチした「とり竜田バーガー」。当日は、「フレッシュレモンになりたいの~」というキャッチコピーで知られ、広島レモン大使を務める市川が同商品とレモンの魅力を存分に語った。

 鮮やかな黄色の衣装で登場した市川は「レモンは美容やリラックス効果もあって、見た目もかわいらしい。これになりたいと思って生きてきました」と早速レモンをアピールし、「ずっとレモンを推していきたい。今年、初レモン仕事なのでうれしいです」と笑顔を見せた。

 2月からは舞台「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のメインキャラクター・本間芽衣子役を演じる市川。現在は稽古中だという。市川は「今は、お疲“レモン”モードなのでレモン力を借りたいと思っています。レモンのクエン酸で栄養補給をするのが、忙しい時のルーティンです」と明かした。

 イベントでは、市川が同商品を試食。レモンを絞りつつ同商品にかぶりつくと、市川は「おいしい。レモンを生で絞ると香りも味も全然違いますね。さわやかでチキン竜田にあっていて、おいしく食べられます」と話し、にっこり笑った。

「とり竜田バーガー」は国産鶏肉に鶏皮を加えることで、クリスピーな衣の食感と鶏のジューシーさが加わるように設計。しょうゆベースの和風旨ダレソースとレモン、ゆずを添えることで甘みと酸味が引き立つ一品となっている。

次のページへ (2/3) 【写真】小さな口で一生懸命にハンバーガーをほお張るキュートな市川美織
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください