水谷隼ショック、妻に似合うジュエリー一緒に選ぶつもりが…「お金だけ出して」

「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が13日、都内で行われ、特別賞を受賞した東京五輪の卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼が出席した。

引退後はテレビでも活躍中の水谷隼が受賞【写真:荒川祐史】
引退後はテレビでも活躍中の水谷隼が受賞【写真:荒川祐史】

「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式

「第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が13日、都内で行われ、特別賞を受賞した東京五輪の卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼が出席した。

「日本ジュエリーベストドレッサー賞」は、過去1年間を通して「最も輝いている人」「最もジュエリーが似合う人」「今後もさらにジュエリーを身に着けてほしい人」を世代別、男性部門、特別賞のそれぞれに分けて選考、表彰するもの。

 夫婦にとってこの日は交際を始めた記念日だと言い、表彰式では「妻にジュエリーを買う」と宣言した水谷。だが、妻からは「買いたいものがあるからお金だけ出して」と言われたことを明かし、「僕は好みもあるし一緒に見たかったけど、『自分が好きなものを買って請求書を送るのがベストだ』って……。いま(会場で)探しているんです」と肩を落とした。

 昨年は東京五輪での活躍に引き続き、芸能界でも活躍が目立った1年に。今年の抱負を問われると「一発屋のアスリートにならないように粘り強く生きていきたい」と生き残りを誓っていた。

トップページに戻る

あなたの“気になる”を教えてください